札幌おかきOh!焼とうきび

評価★★★★★5
クチコミ6

札幌おかきOh!焼とうきびとは?

札幌を中心に全国各地にもレストランを構える「YOSHIMI(よしみ)」の北海道限定販売の商品。

「とうきび」とは、トウモロコシのこと。
北海道では、「とうきび」と呼ぶのが一般的です。

札幌市中心部にある大通公園では夏に、焼きとうきびを販売する屋台「とうきびワゴン」が登場します。

とうきびワゴンで販売されている焼きとうきびの美味しさをおかきで再現したものが、札幌おかきOh!焼とうきび。

2011年に発売されたので北海道土産としては歴史は浅いですが、こんがりと焼けたとうきびの風味と焦げた醤油の香ばしさを味わえることから、北海道を代表する人気お菓子となりました。

札幌おかきOh!焼とうきびを食べた感想

サクサクの心地よい軽い食感と香ばしい香り。

食べきりサイズの小袋パックを開封すると、醤油の香ばしい香りが漂います。

油で揚げているのに、つまんでも手に油がべたつくこともありません。

一般的なおかきのように硬くなく、国産のもち米にとうもろこしを練り込むことで、サクッとした食感に仕上げています。

おかきと一緒に小袋のパッケージの中に入っているフリーズドライのコーンは、とうきびそのもの。

とうきびの自然な甘さ、おかきの香ばしい香り、サクサク食感の相乗効果が癖になり、ついつい手を伸ばしたくなります。

外箱を開封するとパッケージ裏面に札幌おかきOh!焼とうきびを製造・販売している「YOSHIMI(よしみ)」からのメッセージが記載されているので、その後半部分を引用します。

”この「焼きとうきび」を食べながら、あぁ、北海道に来て良かったなぁ〜と、思い出に刻んでいただけることが、わたしたちの一番のよろこびです。”

札幌おかきOh!焼とうきびは、食べる度に北海道の焼きとうきびを味わっていると感じさせてくれるお菓子です。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名札幌おかきOh!焼とうきび
内容量6個入り
製造者株式会社 YOSHIMI ISY
製造者住所北海道札幌市中央区南6条西1丁目5番地
原材料植物油脂調味料(アミノ酸等)香料酸味料カラメル色素甘味料(スクラロース)、水稲もち米(日本)、乾燥スイートコーン、スイートコーンパウダー、ローストコーンシーズニング、(原材料の一部に小麦、大豆、鶏肉を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造日より120日
保存方法直射日光の当たる所、高温多湿での保存は避けてください。
箱の大きさ横 11.5cm × 奥行き 29.5cm × 高さ 4.5cm
名産地北海道
販売場所新千歳空港函館空港新函館北斗駅JR旭川駅JR函館駅JR小樽駅JR札幌駅五稜郭タワー函館山金森赤レンガ倉庫藻岩山苫小牧西港フェリーターミナル
おみやげの種類和菓子焼き菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。

札幌おかきOh!焼とうきびのクチコミ(6件)

評価★★★★★

私が「札幌おかきoh!焼きとうきび」を北海道みやげに選んだ理由は、自分が実際に食べてとてもおいしいと感じたからです。

家族へのお土産に買ったのですが、あまりに美味しかったので自分用にもいくつか購入して帰りました。

とうもろこしの良い香りが活きていて、食べ始めると食べる手が止まらなくなってしまうほどに美味しいです。

また、北海道といえばたくさん美味しい食べ物がありますが、チーズケーキや魚などの生物は賞味期限が持ち運びが大変ですし消費期限もあります。

しかし、おかきですとある程度日持ちはするものですし、形が崩れたりなんてことがありません。

実際にこのお土産は大変好評でまた北海道に行く機会があればぜひ購入したいと思っています。

20代/女性
評価★★★★★

この商品は、とうもろこし味のお菓子が大好きな私にはドンピシャなお土産です。
北海道へ、旅行へ行った際に空港で見つけて即買いしました。

とうもろこしというより、本当に”とうきび”という味です。
焼きとうもろこしの味のおかきで、そこに加えて乾燥された「とうもろこし」が何個が入っています。

ほんのり焦がし醤油の味もして、何個も何個も口へ運んでしまいます。
あっという間になくなりますよ。

ビールのおつまみにもぴったりで、大好きになりました。

北海道へはなかなか行けないので、知り合いが行く際には必ず買ってきてもらいます。

函館新幹線が開通したときは、駅ナカのキオスクにコンビニサイズで売っていたので何個も買ってしまいました!
とってもオススメです!

20代/女性
評価★★★★★

北海道に旅行に行った時に、焼とうきびを食べました。

焼いたとうきびは、甘さが引き立っており、さらに香ばしくておいしかったです。
その焼とうきびが、おかきになっているのを見つけたので、購入しました。

もともとおかきは私の大好物でありましたので、食べるのが非常に楽しみでした。

食べてみると焼きとうきびの味がして、本物の焼とうきびの味が蘇ってきました。

6個入りだったのですが、1個に入っている量は少ないと感じませんでした。
ただ、あまりにおいしかったので、すぐになくなってしまいました。

とても質の高いお菓子だったので、すごく楽しむことができました。

何度でも食べたくなる味だったので、また見つけたら購入したいです。

30代/男性
評価★★★★★

帰省して帰る時のお土産で最近の定番です。

幼少の頃、大通り公園の甘じょっぱい焼きとうきびを食べることに憧れていましたので、これは!と飛びつきました。
まさにその味です。
トウモロコシの味香りとても濃くて焼き加減なども再現率高いです。

ひと袋でちょうどよい量だと思いますが、私の娘で3分程であっという間になくなってしまいます。
千歳空港でも売り切れになっている店舗も時折あるようです。
たまに東京でも駅のキオスクの北海道フェアで一袋売りを見かけます。

40代/女性
評価★★★★★

札幌大通り公園の名物、とうきびワゴン。

北海道の大地のうまみを吸い上げて育った甘いとうきびにを、こんがり炭火で焼き、甘辛の醤油だれ。

この食欲をそそるコンビネーションがお土産になりました。

さくっと軽い触感に、炭火の風味のお醤油味、見事に焼きとうきびが再現されています。

とうきびワゴンで食べる時は、手と顔がべとべとになる覚悟で食べなければいけないのに対し、移動中にも気軽にさくさくっといただけます。

とうきびワゴンの味を知らない方でも、甘みと醤油ダレに夢中になること間違いなし!の一品です。

30代/女性
評価★★★★★

新千歳空港で見かけ、試食が置いてあったので実際に食べてみてとてもおいしかったので買いました。

デパートで行われる北海道展でも見かけるので継続して買っています。

6袋に小分けされていますが1袋100kcalと少し高めなのが気になりますが、おいしいのであっという間に食べてしまいました。

小さいコロコロのおかきがサクっとした食感で、本当のトウモロコシ焼きのような味がします。

とうもろこしの粒も入っていてお酒のおつまみにも相性ぴったりです。

30代/女性

クチコミを書く

お名前

Email

性別

年代

評価

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください