三万石 三千里

評価★★★★★5
クチコミ2
三千里外装
三千里外装三千里開封写真三千里中身写真
OMIYA!の写真について

おみやげのデータ

商品名三万石 三千里
内容量5個入り12個入り18個入り24個入り
製造者株式会社 三万石
製造者住所福島県郡山市富久山町福原字神子田7-5
原材料砂糖(国内製造)、小豆、液全卵、餅粉、味噌、小麦粉、砂糖結合水飴、米粉、ぶどう糖、やまいも、水飴、でんぷん/乳化剤、膨張剤、糊料(CMC)、(一部に小麦・卵・大豆・やまいもを含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限7日
保存方法直射日光や高温多湿を避け、常温(涼しい場所)に保存してください。
箱の大きさ横 10.0cm × 奥行き 9.0cm × 高さ 14.3cm
名産地福島県郡山
販売場所福島駅郡山駅仙台駅
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

三千里について

三千里外装

「旅笠」に似せたお菓子

三千里は株式会社三万石が製造・販売している福島県のお土産です。

もち米の生地とあんの組み合わせで、もっちりした食感とあんを楽しめるのが特徴的。

三千里の形に注目すると、これが「笠」の形をしていることがわかります。

実は、旅行記「おくのほそ道」で有名な松尾芭蕉が自分で作ったといわれる、「旅笠」に似せたお菓子なのです。細部にまでこだわりが感じられますね。

三千里を食べた感想

三千里中身写真

開封した瞬間、焼いた香ばしい匂いがします。

食べ物を食べ物で例えるとわかりにくくなると思いますが、そこをあえて例えるとするならば「瓦せんべい」に近い匂いです。

でも食感はせんべいと真逆。もち粉が使われていますので、とてもモチモチしていますよ。

まんじゅう餅と名づけたなくなるほどのモチモチ感が魅力的!

三万石の説明によると、「お餅とどら焼きを合わせたような食感」となっていますが、個人的に「まんじゅう餅」と名づけて食べました。

おやつに食べるにはサイズがちょうどよく、なんといってもモチモチの食感がたまりません。

もう一度食べてみたいと思える味でした!

三千里のカロリー・栄養成分表示

三千里の原材料・カロリー・栄養成分表示

三千里を食べるとき、カロリーがどれぐらいあるのか気になるところではないでしょうか。

以下でカロリーも含めた栄養成分表示を一覧にしています。1個43gあたり。

エネルギー116kcal
たんぱく質2.6g
脂質0.6g
炭水化物24.9g
食塩相当量0.09g

1つあたり116kcalでした。もっとあるように見えましたが、意外とそこまででもなかったですね。

三千里の個数ごとの値段

三千里は5個入~24個入まであります。

  • 5個入(袋入り):540円
  • 12個入:1,350円
  • 18個入:2,025円
  • 24個入:2,700円

▼5個入り(袋入り)はこんな感じです。

三千里開封写真

また、三万石の店舗であれば、バラ売りにして購入もできますよ。1個だけ食べたいときも大丈夫です。

三千里が購入できる販売店舗・通販情報

三千里をお土産で買いたいとなったとき、以下のお店で買えますよ。

基本的には三万石の店舗で買えます。駅近くであれば、仙台駅・福島駅・郡山駅のエスパルに入っている三万石の店舗がおすすめですよ。

JRE POINTが貯まって使えるので、普通に買うよりもお得になるメリットもあります。

通販サイトもあります

三万石は以前通販サイトがなかったですが、今はあります。

三万石オンラインショップから三千里を買えますよ。ままどおるエキソンパイと一緒に買うと、食べ比べが楽しそうですね〜!