讃の岐三 みるくつつみ

讃の岐三 みるくつつみ 外装
讃の岐三 みるくつつみ 外装讃の岐三 みるくつつみ 開封した写真讃の岐三 みるくつつみ 中身の写真

讃の岐三 みるくつつみ とは

讃の岐三(さぬのきさん)を作っているのは、1978年に香川県高松市でドイツ菓子・パンのお店として開業した、菓子工房ルーヴ(Löwe)。

今では香川を代表する洋菓子店の一つになっています。

「讃の岐三」はフランス人パティシエが開発に参加した、和と洋の良さを取り入れた和スイーツです。

形は香川の景勝地「屋島」を模しており、材料には香川県産の食材をふんだんに用いているんですよ。

特筆すべきは「レアシュガースウィート」を使っているところでしょうか。

レアシュガースウィートは香川で発見された希少糖の一種で、食後の血糖値上昇を抑える作用や脂肪をためる作用の抑制、動脈硬化の予防作用といった体に良い作用が注目されている甘味料です。

レアシュガースウィートのほか香川の高級砂糖「和三盆糖」も使われており、優しい甘さに仕上がっていますよ。

「みるくつつみ」はミルクとバターをたっぷり使った生地で小豆とミルク風味の白餡を包んだ、和と洋両方のおいしさを楽しめるお饅頭。

国際品評会モンドセレクションで金賞を3年連続受賞、香川県産品コンクールで最優秀賞受賞と、とても評価されているお菓子です。

讃の岐三 みるくつつみを食べた感想

大きさは3cmX6cmほど。
手軽に食べることができるサイズです。

半分に割ってみると中はあんこがぎっちりつまっています。

食べてみるとあんこの味がしっかりしつつ、ミルク風味がとってもまろやか。

この味はどこかで食べたことがあるな…と記憶を手繰り寄せてみると、思い当たったのはかき氷の「ミルク金時」。

ミルク金時は練乳の甘さとあんこの甘さが調和したおいしさがありますよね。

「みるくつつみ」も同じように、ミルクの風味とあんこのおいしさを楽しむことができます。

緑茶にもコーヒーにも合うお菓子ですよ。

食べやすい味なので、幅広い年代の方に喜ばれるお土産だと思います。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名讃の岐三 みるくつつみ
内容量5個入り10個入り
製造者株式会社ルーヴ
製造者住所香川県高松市鹿角町290-1
原材料小豆手亡豆砂糖小麦粉バター牛乳練乳生クリームマルトース和三盆糖希少糖含有シロップ(レアシュガースウィート)蜂蜜水飴、国産糯米、山芋トレハロース、安定剤(グルコマンナン)、膨張剤香料
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限30日
保存方法直射日光、高温多湿を避け常温で保存して下さい。
箱の大きさ横 18.2cm × 奥行き 11.5cm × 高さ 4.0cm
名産地香川県
販売場所津田の松原SA栗林公園
おみやげの種類饅頭
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。