三松堂 イチゴわらびもち

三松堂 イチゴわらびもち外装
三松堂 イチゴわらびもち外装三松堂 イチゴわらびもち開封後三松堂 イチゴわらびもち中身

三松堂 イチゴわらびもちとは

秋田県秋田市にある三松堂(さんしょうどう)で、イチゴのシーズンになると注文が殺到するのが、この「イチゴわらびもち」。

特大3Lサイズのイチゴ「とちおとめ」を、自家製あんと国産本わらび粉を使用したわらび餅で包んだお菓子です。

三松堂のイチゴわらびもちは、厳選した”本物”の材料にこだわっています。

わらび粉には、10kgのわらびの根から70gしかとれない希少な国産の本わらび粉を使用。
これを強火で丹念に練ることで、コシが強く口あたりのいいわらび餅ができあがります。

あんは北海道産小豆の皮をむき、半日かけて仕上げ舌触りをよくしたこしあん。
そしてイチゴは、甘み・酸味・果汁の量・大きさのバランスを考え、3Lサイズのとちおとめにたどり着きました。

このサイズでなければ作れないため、毎シーズン3Lサイズのとちおとめを確保するだけでも大変なんだとか。

さらに、上からふりかけてあるのは国産青大豆から作られた「青きな粉」。クセがないため、イチゴわらびもちの味を引き立ててくれます。

三松堂のイチゴわらびもちは、1日400個限定販売。
3個入り1,620円、6個入り3,024円(税込)で、三松堂の店舗およびオンラインショップで購入可能です。

三松堂 イチゴわらびもちを食べてみて

1個あたり500円もする、こだわりにこだわりを重ねたイチゴわらびもち。

透明なカップに入れられた姿は、イチゴの形のとおりにふっくらと膨らみ、青きな粉の衣をまとっていました。

カットしてみておどろくのは、なんといってもイチゴの大きさです。一見、こしあんやわらび餅の量が少なく感じてしまうほど、大きなイチゴがつやつやと輝いています。

噛むと”じゅわっ”と果汁があふれだし、口いっぱいに広がるイチゴの甘みと酸味。

わらび餅とこしあんはさらっとした口あたりで、とてもなめらかです。香ばしいきな粉もよくマッチしています。

わらび餅だけを食べてみると、ぷるぷるととても軽やかで、歯切れのよさも抜群。

ごくごく甘さ控えめのこしあんも、イチゴの味を邪魔しないよう計算し尽くされているように感じました。

イチゴわらびもちの日持ちは3日間。オンラインショップでの購入の場合、発送の直前に作ったできたてを詰めてもらえますが、期限までに確実に受け取れるようにしましょう。

OMIYA!で紹介している三松堂の商品一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名三松堂 イチゴわらびもち
内容量3個入り6個入り
製造者(有)三松堂
製造者住所秋田県秋田市中通5丁目7-8
原材料苺、砂糖、わらび粉、こしあん、青きなこ
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限3日間
保存方法高温多湿をお避けください
箱の大きさ横 7.8cm × 奥行き 14cm × 高さ 8cm
名産地秋田県秋田市
おみやげの種類和生菓子和菓子
価格帯2,000円以内4,000円以内