三松堂 冨貴童子(ふきどうじ)

三松堂 冨貴童子外装
三松堂 冨貴童子外装三松堂 冨貴童子開封後三松堂 冨貴童子中身

三松堂 冨貴童子(ふきどうじ)とは

秋田県秋田市にある、大正13年創業の老舗和菓子店 三松堂(さんしょうどう)。

三松堂の「大正昭和レトロ菓子」シリーズは、添加物なしの良質な材料のみを使い、昔ながらの製法で職人が手作りした懐かしい味わいが特徴です。

レトロ菓子シリーズのひとつ、冨貴童子(ふきどうじ)は、ほとんど水を使わずに焼き上げたカステラせんべい。

卵・砂糖・バターをたっぷりと使い、昔なつかしい味わいに仕上げています。

三松堂 冨貴童子(ふきどうじ)を食べてみて

「レトロ菓子」シリーズは、ブリキ缶&レトロなパッケージが印象的。

冨貴童子の場合は、大きな秋田フキを手にして駆け回る童子(子ども)のイラスト入りです。

お菓子は直径9cmほどと大きめで、1袋に2枚入り。それぞれフキ&童子のイラスト、秋田音頭の一節が焼印で描かれています。

秋田音頭のほうは「秋田の国では 雨が降っても 唐傘などいらぬ 手頃な蕗(フキ)の葉 さらりとからげて サッサと出て行がえ」と書かれていますよ。

厚みのあるせんべいですが、食感はサクサクと軽め。卵とバターのコクたっぷりで、食べごたえがありますね。

ネーミングや見た目がレトロ感満載のため、贈り物にしても喜ばれそうなお菓子です。

三松堂 冨貴童子(ふきどうじ)の値段と買える場所

20枚入り1,500円(税込)で、三松堂の店舗およびオンラインショップで購入できます。

OMIYA!で紹介している三松堂の商品一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名三松堂 冨貴童子(ふきどうじ)
内容量20個入り
製造者(有)三松堂
製造者住所秋田県秋田市中通5丁目7-8
原材料小麦粉砂糖白玉(国産)バター食塩膨張剤(原材料の一部に小麦・卵を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限60日間
保存方法高温多湿をお避けください
箱の大きさ横 10cm × 奥行き 10cm × 高さ 14cm
名産地秋田県秋田
おみやげの種類せんべい
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。