桜ひな羊羹

桜ひな羊羹 外装
桜ひな羊羹 外装桜ひな羊羹 開封写真桜ひな羊羹 中身写真

桜ひな羊羹について

名菓ひよ子で有名なひよ子本舗吉野堂がつくる、春限定の羊羹(ようかん)。

刻んだ桜葉が練りこまれており、桜の味わいを楽しめるのが特徴です。

「ひな」というネーミングどおり、小さくとても可愛らしいサイズの羊羹になっています。

桜がデザインされたパッケージで春の時季のお土産にぴったりの一品ですね。

ひよ子本舗吉野堂の公式サイトによると、販売期間は2018年1月25日(木)~4月上旬頃の予定となっています。

*ひよ子を販売している東京ひよ子での取り扱いはありませんので注意してください。

桜ひな羊羹を食べた感想

箱を開けると、とても可愛い桜ひよこがずらりと並んでいます。

個装には「ミニマムひよ子とHINA YOUKAN」の文字のラベルが貼られているのに気づきます。こういう細かい部分のデザインも、見ていると楽しいですよね。

桜ひな羊羹 ひよこラベル

桜ひな羊羹は、ひと口で食べられるゼリーのような容器に入っています。

ただ、羊羹で食感は硬めなので、ゼリーのようにつるっとはいきません。

味は桜葉の香りで気分がよくなる、さわやか羊羹です。ふた口ぐらいで食べられるサイズ感もよく、「おいしいものをちょっとだけ」という人にはいいですね。

容器のまま食べてもよいですが、写真のようにお皿に移すと見た目にもよく、より美味しくいただけると思いますよ。

季節を感じられる春のお土産としておすすめです!

桜ひな羊羹が買える場所

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名桜ひな羊羹
内容量5個入り
製造者株式会社 ひよ子
製造者住所福岡市南区向野一丁目16番13号
原材料糖類(砂糖、水飴)白餡(隠元豆)寒天桜葉ソルビトールコチニール色素
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造日より1年間
保存方法直射日光、高温多湿を避け、涼しい所で保存して下さい。
箱の大きさ横 7cm × 奥行き 22.5cm × 高さ 3.7cm
名産地福岡県博多
販売場所博多駅小倉駅博多阪急岩田屋本店岩田屋久留米店井筒屋小倉店井筒屋黒崎店福岡三越
おみやげの種類和菓子羊羹・水羊羹
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。