お菓子のさかい カリントまんじゅう

お菓子のさかい カリントまんじゅう外装
お菓子のさかい カリントまんじゅう外装お菓子のさかい カリントまんじゅう開封後お菓子のさかい カリントまんじゅう中身

お菓子のさかい カリントまんじゅうとは

カリントまんじゅうは、福島県のお土産。

特製の「こがし蜜」を練り込んだ生地でこしあんを包み、油でカリッと揚げた、かりんとう風味の饅頭です。

福島県石川郡石川町にある、お菓子のさかいが手がけていますよ。

黒糖入りの生地でこしあんを包んで揚げる「かりんとうまんじゅう」は、福島県が発祥のお菓子。
揚げることで表面がカリッとし、かりんとうのような風味になることがその名前の由来です。

さかいのカリントまんじゅうの場合、黒糖を煮詰めて作る「こがし蜜」が入っているのがポイント。
また、まんじゅうの形もかりんとうを意識した棒状になっています。

お菓子のさかい カリントまんじゅうを開封してみて

お菓子のさかい カリントまんじゅう開封後

今回購入した5袋入りは、箱ではなく袋タイプの包装でした。
商品名を”かりんとう”ではなく”カリント”としているため、店頭でもぱっと目につきやすかったです。

お菓子の大きさは7cm×3.5cmほど。
一般的なまんじゅうは丸型のものが多いですが、カリントまんじゅうはやや細長いのが特徴ですね。

皮目は濃い茶色のものもあれば、明るい茶色のものもあり、個体差がありました。
油でてかてかしているので、お手ふきを用意したほうがいいかもしれません。

お菓子のさかい カリントまんじゅうを食べてみた感想

お菓子のさかい カリントまんじゅう中身

皮はしっとり、ほくほくとやわらかい食感。
黒糖の風味よりも、かなり濃厚で苦い風味がじわっと広がります。
後味はプリンのカラメルソースにも似ていました。

こしあんはほっくりとなめらかで、こちらは一転して甘め。
皮の焦がした風味とこしあんの甘さのバランスがとれていますね。

「こがし蜜」を使っているだけあって、皮だけ食べると苦すぎるため、あんと一緒に食べるといいでしょう。

濃厚な味わいで食べごたえも十分。
牛乳と合わせると味がまろやかになっておすすめです。

トースターで焼き直すとカリカリ感が復活

かりんとうまんじゅうは揚げたてはカリッとしていますが、時間がたつとどうしても皮がしっとりとしてきます。

その場合、オーブンやトースターで少し焼き直すと、カリッとした食感が復活しますよ。

より”かりんとう”らしい食感を楽しみたい場合は試してみてください。

お菓子のさかい カリントまんじゅうの値段

カリントまんじゅうは、単品から20個入りまで幅広い入り数を展開しています。

入り数ごとの値段は以下のとおりです。

  • 単品:118円
  • 5個入り:621円
  • 10個入り:1,296円
  • 20個入り:2,592円

お菓子のさかい カリントまんじゅうが買える場所や通販について

カリントまんじゅうは、お菓子のさかいの店舗(県内9店舗有)や以下の場所で購入できます。

通販の場合、お菓子のさかいのオンラインショップからお取り寄せできますよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名お菓子のさかい カリントまんじゅう
内容量5個入り10個入り20個入り
製造者株式会社 お菓子のさかい
製造者住所福島県石川郡石川町長久保277-20
原材料こしあん小麦粉、焦がし蜜(糖蜜、砂糖、黒糖、果糖ぶどう糖液糖)、砂糖結合水飴、ショートニング(植物油脂、加工油脂)、膨張剤
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限20日間
保存方法高温多湿・直射日光をお避けください。
箱の大きさ横 12.5cm × 奥行き 25cm × 高さ 2cm
名産地福島県
販売場所福島駅郡山駅安積PA安達
おみやげの種類饅頭和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。