さいとう製菓 椿花さく

椿花さく 外装
椿花さく 外装椿花さく 中身椿花さく アップ
OMIYA!の写真について

おみやげのデータ

商品名さいとう製菓 椿花さく
内容量5個入り
製造者さいとう製菓株式会社 SW
製造者住所岩手県大船渡市赤崎町字宮野5-1
原材料小麦粉、砂糖、鶏卵、膨張剤、香料、乳化剤(大豆由来)、酸味料、マーガリン、酸化防止剤(V.E)、加糖練乳、白餡、ゲル化剤(ペクチン)、増粘剤(加工でん粉)、蔵王チーズあん(砂糖、白隠元豆、クリームチーズ、還元水飴)、椿油、着色料(カロチン、黄色4号、赤色102号、青色1号)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約1週間
保存方法直射日光、高温多湿をお避けください。
箱の大きさ横 12cm × 奥行き 24.6cm × 高さ 3.6cm
名産地岩手県
販売場所盛岡駅
おみやげの種類焼き菓子
価格帯1,000円以内

さいとう製菓 椿花さくについて

岩手県のおみやげを紹介します。

作っているのは、大船渡市にあるさいとう製菓。「かもめの玉子」でおなじみの会社です。
岩手県と椿の繋がりが、同封されている栞に書かれていたので、一部紹介しますね。

さいとう製菓のある岩手県大船渡市では、
市内のいたる所に、「やぶつばき」の自生が見られ「椿の里」と呼ばれています。
市内の末崎町の熊野神社境内には樹齢千四百年といわれる
日本最大・最古のヤブツバキ、岩手県指定天然水記念物の「三面椿」があります。
(中略)
その「椿」を表現し、お菓子にしました。

景勝地碁石海岸には「世界の椿館」があります。ぜひ行ってみたくなりました。

こちらは、さいとう製菓の公式ホームページから、オンラインショッピングもできますよ。

さいとう製菓 椿花さくを食べた感想

一つひとつ、鮮やかな椿が描かれています。
見た目は和風ですが、中には蔵王チーズあんが入っているんですよ。
チーズ餡は珍しいですね。

クリームチーズを使っているのですが、チーズの味はほとんどしませんでした。
後味があっさりしているので、それがチーズ効果かもしれません。
チーズが苦手な方も食べられそうです。

生地はしっとりしていますよ。
栞には、椿についての情報も書いていて、椿が日本原産の花ということもわかりました。
おみやげを通して、歴史を学べるのはとても嬉しいです。