さいコロがし

さいコロがし 外装
さいコロがし 外装さいコロがし 開封写真

さいコロがしについて

2015年の大分県立美術館オープンに伴ってつくられた、サイコロ型の干菓子。

大分県竹田市の但馬屋老舗と美術家・ミヤケマイ氏によるコラボ菓子です。

美術家の人生を疑似体験できる「アーティスト双六が」ついており、楽しみどころがいっぱい。箱の帯を広げると双六がど~んとあらわれます。

さらにフタの裏部分がダイスボードになっており、サイコロを転がせるようになっていますよ。

肝心のお菓子、食べられるのはさいころのみ。

主に砂糖、卵白、寒天が使用されており、メレンゲのようなお菓子で非常に軽い食感が特徴です。

今回は但馬屋老舗のオンラインショップで購入しました。

さいコロがしを食べた感想

さいコロがし 双六

開封すると、本物の双六セットが入っていて驚きました!箱の帯が双六になっていますよ。

「絵がうまいといわれその気になる」から始まり「好きな事をして飢えず、親・親戚に迷惑をかけることなく一生を終える」までのアーティスト人生です。

駒も4つ入っており、皆でワイワイ賑やかに遊べて楽しそう。

わたしの場合ですが、一気に興味が双六へ向いてしまい、肝心のさいコロがしを食べるのが後回しになってしまいました・・・。

ひとしきり双六を楽しんでさいコロがしを食べることに。

一辺が1.5センチと指でつまめる小さいサイズ。双六の目も細かく再現されており、本物のサイコロのようです!

食感が非常に軽くてメレンゲ菓子のよう感覚がありますね。ふわっとした甘さでサイズも小さいので、すぐに口の中からなくなりました。

サイコロは10個入り。全部食べると双六ができなくなるので、忘れずに1つか2つ取っておきましょう。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名さいコロがし
内容量10個入り
製造者(有)但馬屋老舗
製造者住所大分県竹田市竹田町40番地
原材料砂糖卵白コーンスターチ寒天竹炭赤色3号、106号
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造日から60日間
保存方法常温
箱の大きさ横 14.7cm × 奥行き 14.7 cm × 高さ 2.8cm
名産地大分県竹田
おみやげの種類干菓子
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。