ひらい 良寛てまり

ひらい 良寛てまり 外装
ひらい 良寛てまり 外装ひらい 良寛てまり 開封ひらい 良寛てまり 中身

良寛てまりについて

良寛(りょうかん)てまりは、岡山県倉敷市玉島地区にある大正元年創業の和菓子店、菓子処ひらいが製造・販売しており、同社の看板商品です。

玉島地区には、江戸時代に僧・良寛が修行した円通寺という寺院があります。

そのため、玉島地区の住民は良寛に親しみをもっています。

良寛てまりは、良寛が地域の子どもたちとよく手まり遊びをしていたという話に因んだ菓子。

直径が約5cm、高さ約4cmの丸いドーム状の菓子で、薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)の一種です。

薯蕷饅頭とは、山の芋(つくね芋)をすって上用粉や砂糖を加えたものを皮とした饅頭のこと。

色は白っぽく、ところどころ中のあんの色が透けて見えます。

皮はシワがたくさん入っていて、触るとフニャッとした柔らかい触感。

1個ずつ包装されており、包装紙の模様はてまりの柄をイメージしたおしゃれなもの。

なお、良寛てまりは第22回全国菓子大博覧会で大臣栄誉賞、また第2回岡山県創作みやげ品コンテスト菓子部門で大賞を受賞するなど、高い評価を得ています。

良寛てまりを食べた感想

良寛てまりの皮は薄めですが柔らかく、とてもしっとりとしています。

中に入っているこしあんの量は少なめで、あんの層は薄くなっています。

あんの層の下には、美しい黄色をした栗の甘露煮が丸ごと入っています。

噛んだとき、皮とあんの柔らかい食感の次に栗の少し固めの食感がし、インパクトがあります。

栗は噛んだ瞬間は固めな印象ですが、栗を噛み砕くと、ホクホクとしながらもシットリ感もあるバランスのよい舌触り。

皮やあんは甘さがかなり控えめ。

そのため栗の深みのある甘さがダイレクトに伝わります。

食べた後は、まるで栗だけを食べたかのような印象と余韻が残ります。

良寛てまりの購入について

良寛てまりは、倉敷市玉島地区にある「ひらい」の本店、また倉敷市内にある笹沖店で購入可能。

そのほかに、JR新倉敷倉敷岡山駅の構内にある土産物売場、山陽自動車道の道口パーキングエリアの売店などでも取り扱いがあります。

入数・価格は下記の通り。

1個158円 (税込)
6個入1,130円 (税込)
10個入1,850円 (税込)
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名ひらい 良寛てまり
内容量1個入り6個入り10個入り
製造者菓子処ひらい
製造者住所岡山県倉敷市玉島乙島6697-5
原材料砂糖小豆つくね芋上用粉トレハロース
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限10日
保存方法記載なし
箱の大きさ横 11cm × 奥行き 16cm × 高さ 6.5cm
名産地岡山県倉敷
販売場所岡山駅新倉敷駅JR児島駅倉敷駅道口PA髙島屋岡山店天満屋倉敷店天満屋岡山店
おみやげの種類饅頭和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。