六花亭 カステラ

評価★★★★★5
クチコミ1
六花亭のカステラの外装
六花亭のカステラの外装六花亭のカステラの中身六花亭のカステラの中身(拡大)
OMIYA!の写真について

おみやげのデータ

商品名六花亭 カステラ
内容量1個入り8個入り
製造者株式会社六花亭北海道
製造者住所北海道川西郡中札内村中札内西3線243-15
原材料卵、砂糖、小麦粉、水飴、ブランデー、オリーブ油
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限8~9日間
保存方法直射日光や高温多湿を避けて保存してください。
箱の大きさ横 7.5cm × 奥行き 23.5cm × 高さ 6.5cm
名産地北海道帯広
販売場所大丸札幌店丸井今井函館店丸井今井札幌本店札幌三越札幌エスタ東急百貨店札幌店五稜郭タワー
おみやげの種類カステラ
価格帯1,000円以内

六花亭の「カステラ」について

紹介する「カステラ」は六花亭でつくられているものです。

六花亭は北海道を代表する菓子メーカーで、北海道のお土産の定番商品「マルセイバターサンド」が有名ですね。北海道内にとどまらず、全国に六花亭ファンが多いお菓子メーカーでもあります。

六花亭のカステラの特徴は、なんといっても原材料へのこだわり。
原材料名を見ていただけるとわかる通り、至ってシンプルな原材料。
余計なものが一切入っていません。

厳しく吟味した材料でつくられています。
特に、卵はカステラ用として生産した、新鮮なものを使用しているとのこと。

カステラの特徴は、しっとりとした口どけのよさ。
焼き上げてから5日間、じっくりとねかせて熟成させているところに美味しさのひみつがあります。
熟成させることで水分と生地がなじみ、しっとりとしたカステラに仕上がります。

カステラ1本に8切れ入っています。
切れ目が入っているので、いただきやすいですよ。

ちなみに、六花亭のカステラには抹茶味もあります。

参考:六花亭の抹茶カステラを写真つきで紹介した記事はこちら

六花亭のカステラ プレーンと抹茶味を並べてみた

パッケージの絵や開封した感想

カステラの箱は、黄緑色で可憐な白い花が描かれています。
箱を開けるとなんと、内箱にも花の絵がありました!

六花亭の包装紙でよく知られている「坂本直行」の描く草花のイラストです。

カステラに描かれている花は、「みやまだいこんそう」「えぞこざくら」「ちしまるりそう」「いわひげ」…など。どこか優しくて北海道への愛情を感じられるような草花のイラスト。

六花亭はお菓子の美味しさだけでなく、包装紙やパッケージの草花のイラストも人気の1つだと思います。

中の箱を開けて見えたのはカステラのきれいな黄金色。

もちろん着色料などを使っているわけではありません。
新鮮な卵など、厳選した材料のみで作られたカステラですよ。

六花亭の「カステラ」を食べてみての感想

一口頂くとふんわりと口になじむような食感。しっとりとしています。

甘さはどちらかと言えば控えめ。一切れと言わず、二切れ、三切れといただきたくなるような味。

ちょっとしたお使い物にも喜ばれそうな一品ですね。

六花亭のカステラですが、実は六花亭の各店舗では、レジ横にカステラの切れ端がパックで販売されていることがあります。

たくさん入っていてお得なお値段なので人気があります。
たいてい開店後すぐに売り切れていることが多いようですが、もしも見つけたらチェックしてみてくださいね。

カロリーなどの栄養成分表示について

六花亭のカステラ カロリーなどの栄養成分表示と原材料

六花亭のカステラを食べるときに、カロリーなどの栄養成分表示が気になるかと思います。

以下で一覧にしてみました。

エネルギー152kcal
たんぱく質3.1g
脂質2.6g
炭水化物29.6g
食塩相当量0.06g

カステラということで、半分以上は炭水化物になっていますね。

個数ごとの値段

六花亭のカステラをお土産で買おうと思ったときに、何個入っているのか気になるかと思います。

以下で個数ごとの値段をまとめました。

  • 1切れ:130円
  • 8切れ:900円

六花亭の店舗だと、一切れのみの個包装のタイプもありますので、おやつ代わりに買いやすいです。

六花亭の「カステラ」が買える場所

六花亭の「カステラ」が買える場所は以下の通りです。

札幌駅周辺だと、百貨店内に入っている六花亭のお店でも買えますよ。

おまけ:六花亭の他のお菓子について

六花亭では、他にもたくさんのお菓子が販売されています。

このサイト(OMIYA!)でも、1つ1つのお菓子ごとに写真つきで感想を記事にしていますので、気になったらチェックしてみてくださいね。