酪王カフェオレプチパイ&クランチ

酪王プチパイクランチ-外装写真
酪王プチパイクランチ-外装写真酪王プチパイクランチ-開封した写真酪王プチパイクランチ-中身の写真

酪王カフェオレとは

酪王カフェオレは、福島県を中心に大人気の乳飲料。1976年の発売からずっと、地元で愛され続けている飲み物です。

福島県産の新鮮な牛乳を50%以上使用し、コーヒーの豊かな香りと甘くやさしい味わいで、大人にも子どもにも人気!

県外にもファンが多く、酪王カフェオレを使ったさまざまなお菓子が開発されています。

酪王カフェオレプチパイ&クランチの感想

箱の大きさ

まず食べる前に、箱が薄くて大きいのにびっくり!
でも考えてみるとこの大きさって、A4のファイルなどとほぼ同じなんです。(長辺がA4より3cmほど長い大きさ)

お仕事などで福島を訪れたなら、ビジネスバッグに書類と並べてすっぽり入る便利な大きさだと思いました。

デザイン

酪王カフェオレプチパイ&クランチのパッケージは、酪王カフェオレのパックを彷彿とするデザイン。

福島県出身者や酪王カフェオレのファンなら、一目で酪王カフェオレを使ったお菓子だということが分かるでしょう。

ちょっとレトロでおしゃれな印象です。

食べてみた感想

酪王カフェオレプチパイ&クランチには、酪王カフェオレが全重量の1.5%使用されています。

酪王カフェオレプチパイのほうは、サクッとかじると、芳しいコーヒーの香りが鼻をくすぐります。

パイ自体からはコーヒーの味は少しする程度ですが、コーヒーの苦みとパイの周囲にまぶしてあるシュガーの甘さは、酪王カフェオレのような絶妙なバランスだと思いました。

酪王カフェオレクランチのほうは、見た目もうっすらカフェオレ色。味も、プチパイよりカフェオレ感が強い気がします。

両方とも、アイスを添えていただいてみました。砕きながら一緒に食べるとおいしいですよ。

酪王カフェオレプチパイ&クランチの値段と通販情報について

価格

  • 15個入り(パイ10個+クランチ5個):870円(税込) ※物産展での価格です。

通信販売

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名酪王カフェオレプチパイ&クランチ
内容量15個入り
販売者株式会社長登屋 NW
販売者住所福島県郡山市熱海町熱海6-58
原材料【カフェオレプチパイ】小麦粉、マーガリン、砂糖、カフェオレ(生乳、果糖ぶどう糖液糖、乳製品、コーヒー)、食塩、コーヒー、牛乳、加工澱粉、香料、乳化剤、着色料(カラメル、カロチン)、酸化防止剤(V.E)、膨張剤、 甘味料(スクラロース)、(原材料の一部に大豆を含む)、【クランチ】砂糖、小麦粉、ココアバター、植物油脂、全粉乳、鶏卵、カフェオレ(生乳、果糖ぶどう糖液糖、乳製品、コーヒー)、乳糖、コーヒー、脱脂粉乳、還元水飴、香料、乳化剤、膨張剤、着色料(カラメル、カロチン)、(原材料の一部に大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限4月24日購入、賞味期限は9月15日
保存方法直射日光、高温多湿を避けて28℃以下で保存してください。
箱の大きさ横 34.4cm × 奥行き 21.5cm × 高さ 2.4cm
名産地福島県
販売場所福島空港阿武隈PA磐梯山SA鏡石PA国見SA安達いいたて村の道の駅までい館国見 あつかしの郷
おみやげの種類クランチパイ菓子洋菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。