酪王カフェオレサブレが買える場所はどこか・食べてみた口コミ

酪王カフェオレサブレの外装
酪王カフェオレサブレの外装酪王カフェオレサブレの中身酪王カフェオレサブレの中身
おみやの写真について

酪王カフェオレサブレのデータ

商品名酪王カフェオレサブレ
JANコード
4984152127753
内容量101〜200g
製造者株式会社 長登屋 HON
製造者住所福島県郡山市熱海町熱海6丁目58番地
原材料小麦粉、マーガリン、砂糖、鶏卵、クリーミングパウダー(デキストリン、加糖練乳、全粉乳、その他)、カフェオレ(生乳、果糖ぶどう糖液糖、乳製品、コーヒー)、粉末コーヒー、香料(乳由来)、膨張剤、乳化剤(大豆由来)、酸化防止剤(V.E)、着色料(カロチン)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限180日
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
箱の大きさ横 8.2cm × 奥行き 8.2cm × 高さ 16.2cm
名産地福島県郡山
販売場所福島空港郡山駅新白河駅阿武隈PA安積PA磐梯山SA鏡石PA安達伊達の郷りょうぜんふくしま東和いいたて村の道の駅までい館国見 あつかしの郷
※ 販売場所は公式サイト・現地で直接確認していますが、販売終了している場合もあります。
おみやげの種類サブレ
価格帯1,000円以内

「酪王カフェオレサブレ」とは?

紹介するお菓子「酪王カフェオレサブレ」とは、「酪王カフェオレ」とのコラボスイーツ。

酪王カフェオレは、福島県にある酪王乳業が製造しているカフェオレで、1976年以来、子供から大人まで福島県で親しまれているカフェオレです。

地元福島県産の新鮮な生乳を使用し、風味豊かなコーヒーを加えたまろやかな乳飲料。

酪王カフェオレは、福島県民のソウルドリンクとも言える飲み物で、全国にもファンが多いご当地カフェオレ。

その酪王カフェオレとコラボした「酪王カフェオレサブレ」。

パッケージには「酪王カフェオレ 全重量の1.6%使用」との記載があり、実際に酪王カフェオレが使われていることがわかりますね。

サブレは大袋にたっぷりと入っています。
ほろ苦くクリーミーな酪王カフェオレの美味しさを感じるサブレ。さっくりとした食感も食べやすいですよ。

乳飲料が入っている酪王カフェオレそのもののような見た目のパッケージも特徴がありますね。

酪王カフェオレのファンはもちろん、そうでない方もぜひおすすめの一品。福島県らしさを感じるお土産ですよ。

160グラム入りで540円です。

酪王カフェオレとのコラボスイーツの種類について

「酪王カフェオレサブレ」の他にも酪王カフェオレとのコラボスイーツが展開されています。

酪王カフェオレのとのコラボスイーツ一覧は以下のとおり

「酪王カフェオレサブレ」を食べてみての感想

乳飲料が入っているような見た目のパッケージが目を引きました。

色合いも酪王カフェオレと同じで、酪王カフェオレのファンとしては嬉しい限りです。

サブレが入っている袋をあけると、カフェオレのほろ苦い香りがしました。

さっくりとした食感のサブレは、1つ食べるとついつい手が伸びるような美味しさ。

酪王カフェオレのほんのりとしたコーヒーの苦味と甘さがぴったりのバランスです。

他の酪王カフェオレのコラボスイーツと食べ比べしてみるのもおすすめですよ。

大袋に入っているので、小分けでは配りづらいお土産ですが、1箱540円と求めやすいお値段なので、ちょっとしたおみやげにもぴったりですね。

カロリーと栄養成分表示について

酪王カフェオレサブレは、甘いお菓子なので、どれくらいカロリーがあるのかも気になりますよね。

酪王カフェオレサブレのカロリーと栄養成分表示(100gあたり)は以下の通り。

エネルギー512kcal
たんぱく質5.6g
脂質24.0g
炭水化物68.4g
食塩相当量0.4g

特定原材料等(28品目)として次の品目が指定されています。アレルギーがある人は注意してください。

特定原材料等(28品目)小麦、卵、乳成分、大豆

酪王カフェオレサブレは、100gあたり512kcal。

おやつとして食べるときは、1〜2枚ほどがちょうどよさそうです。

賞味期限や日持ちは?

酪王カフェオレサブレの賞味期限は常温で181日間。
直射日光・高温多湿を避けて保存しましょう。

酪王カフェオレサブレが買える場所

酪王カフェオレサブレは、福島県にあるお土産屋やSA、駅で購入できます。

通販もできます

酪王カフェオレサブレは、楽天市場・Yahoo!ショッピング・Amazonなどでも販売されてますが、公式通販ではありません。

お取り寄せして、自宅用のおやつとしても楽しめますね。