酪王カフェオレロングパイ

酪王カフェオレロン酪王カフェオレロングパイの外装パイの外観
酪王カフェオレロン酪王カフェオレロングパイの外装パイの外観酪王カフェオレロングパイの中身酪王カフェオレロングパイの中身(拡大)

「酪王カフェオレロングパイ」とは?

紹介するお菓子「酪王カフェオレロングパイ」とは、「酪王カフェオレ」とのコラボスイーツ。

酪王カフェオレは、福島県にある酪王乳業が製造しているカフェオレで、1976年以来、子供から大人まで福島県で親しまれているカフェオレです。

地元福島県産の新鮮な生乳を使用し、風味豊かなコーヒーを加えたまろやかな乳飲料。

酪王カフェオレは、福島県民のソウルドリンクとも言える飲み物で、全国にもファンが多いご当地カフェオレですよ。

その酪王カフェオレとコラボしたのが紹介する「酪王カフェオレロングパイ」。

見た目は、酪王カフェオそのものと見間違えるようなパッケージ。カフェオレが入っていそうですが、常温で保存が可能な細長いパイが10本入っていますよ。

パッケージをよく見ると、「酪王カフェオレ全重量の1.5%使用」との表記があり、ちゃんと酪王カフェオレが使われていることがわかりますね。
パイはサクサクで、酪王カフェオレのほのかな苦味が特徴。

酪王カフェオレのファンはもちろん、そうでない方もぜひおすすめの一品。福島県らしさを感じるお土産でもありますよ。

10本入りで864円です。

酪王カフェオレとのコラボスイーツ

「酪王カフェオレロングパイ」だけでなく、他にも酪王カフェオレとコラボスイーツが展開されています。

「酪王カフェオレロングパイ」を食べてみての感想

何よりも目を引くパッケージ。酪王カフェオレそのものと間違えそうなほど。酪王カフェオレのファンとしては嬉しくなりました。

注ぎ口の部分に当たる部分には、「←美味しさ無限大」という表記もありますね。

パイは一つ一つが個包装されているのでおみやげにもぴったり。個包装されている袋を開けると、ふんわりとカフェオレのほろ苦い匂い香りが漂いました。

パイ生地は驚くほどサクサクとしています。
パイの表面には砂糖がかけられていて甘みがありますが、カフェオレのほろ苦さをほのかに感じます。

甘みの中にほろ苦さとクリーミーさを感じて、まさに楽王カフェオレそのもの。

個包装されているので、お土産として配りやすいのも嬉しいポイント。酪王カフェオレは、福島だけでなく、全国区になりつつあるご当地ドリンクなので、話のタネにもおすすめの一品ですよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名酪王カフェオレロングパイ
内容量10個入り
製造者株式会社 長登屋
製造者住所福島県郡山市熱海町熱海6丁目58番地
原材料小麦粉マーガリン砂糖カフェオレ(生乳、果糖ぶどう糖液糖、乳製品、コーヒー)食塩コーヒー牛乳加工澱粉香料乳化剤着色料(カラメル、カロチン)酸化防止剤(V.E)膨脹剤甘味料(スクラロース)(原材料の一部に大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約100日間
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
箱の大きさ横 8.4cm × 奥行き 8.4cm × 高さ 26.5cm
名産地福島県
販売場所福島空港郡山駅新白河駅阿武隈PA安達太良SA磐梯山SA鏡石PA国見SA安達あいづ伊達の郷りょうぜんふくしま東和いいたて村の道の駅までい館岳温泉街鶴ヶ城(若松城)
おみやげの種類パイ菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。