クッジマンモナシ コーヒーシナモンビスコッティ

クッジマンモナシ コーヒーシナモンビスコッティ 外装写真
クッジマンモナシ コーヒーシナモンビスコッティ 外装写真クッジマンモナシ コーヒーシナモンビスコッティ 中身(全体)の写真クッジマンモナシ コーヒーシナモンビスコッティ 中身(拡大)の写真

クッジマンモナシ コーヒーシナモンビスコッティとは

「Qudgeman Monaci」(クッジマンモナシ)という変わった名前は、逆さから読むと「シナモンマジック」、シナモンの魔法です。

お菓子の味わいを引き立てるスパイス「シナモン」をコンセプトにしたスイーツブランドで、2017年3月13日、東京駅構内銘品館東京南口店内にクッジマンモナシ1号店がオープンしました。

取り扱い商品数はスペキュロスバウムクーヘン、アップルシナモンガレット、コーヒーシナモンビスコッティ、バタークッキーと多くありませんが、どのお菓子もシナモンの独特の香りと風味、甘みを生かして作られており、独特の世界観を感じるおしゃれなパッケージも印象的です。

今回紹介する コーヒーシナモンビスコッティは、シナモンやジンジャーのスパイスと、エスプレッソをフィナンシェ生地に練り込み、じっくりと時間をかけて焼き上げたお菓子。

「ビスコッティ」という名称ですが、実際にはビスコッティ風に仕上げた堅焼きフィナンシェです。

女の子のイラストがかわいい化粧箱に入っており、4個入、6個入、9個入の3サイズ展開。

個包装パッケージもおしゃれなので、学校や職場などで配ると喜ばれそうです。

クッジマンモナシ コーヒーシナモンビスコッティを食べた感想

クッジマンモナシ コーヒーシナモンビスコッティは、7.3cm×3.3cmほどの長方形。

見た目はフィナンシェなので、しっとりしたバターリッチな食感を想像して齧りつくと、カリッ、コリッとした硬質で軽い食感に驚きます。

確かに、食感はフィナンシェではなく、ビスコッティに近いですね。よく噛んで食べる固めの焼菓子です。

シナモンやジンジャーのスパイスが効いたエスプレッソ風味の生地は、甘すぎず、大人の味わい。

シナモン好きな大人の方向けのお菓子という印象で、コーヒーやカフェオレとの相性は抜群。洋酒にも合いそうです。

クッジマンモナシ コーヒーシナモンビスコッティを買える場所

クッジマンモナシ コーヒーシナモンビスコッティは、東京駅構内銘品館東京南口店内・クッジマンモナシ1号店のみで購入可能です。(※催事出店を除く。)

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名クッジマンモナシ コーヒーシナモンビスコッティ
内容量4個入り6個入り9個入り
製造者クッジマンモナシ 株式会社シュクレイ HU
製造者住所東京都港区北青山1-2-7
原材料マーガリン、砂糖、卵白、アーモンドパウダー、小麦粉、コーンスターチ、シナモンパウダー、コーヒーペースト、ジンジャーパウダー、食塩、乳化剤、膨張剤、香料、着色料(カロテン)、(原材料の一部に乳成分、大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約2ヶ月半
保存方法直射日光・高温多湿な場所を避けて常温で保存
箱の大きさ横 19.0cm × 奥行き 18.5cm × 高さ 3.8cm
名産地東京都青山
販売場所東京駅
おみやげの種類フィナンシェ焼き菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内