プラム食品 のし梅

のし梅 外装
のし梅 外装のし梅 開封した写真のし梅 中身の写真

プラム食品 のし梅について

「のし梅」とは、梅をベースに作られた和風ゼリー菓子のこと。

さまざまな地域の郷土菓子として親しまれており、日本一の梅の産地である和歌山でもつくられています。

和歌山県紀州の梅は、肉厚で実が柔らかいのが特徴。

そんな紀州産の完熟梅を原料にしたこののし梅は、すっきりとした味わいに仕上げられています。

味は、梅、柚子、抹茶、花螺李(からり)の4種類。

ベーシックな梅味だけでなく、梅と異素材とのコラボレーションを楽しめます。

プラム食品 のし梅を食べた感想

レトロなパッケージの箱を開けると、1枚1枚包装されたのし梅、プラスチックのフォークとナイフも親切に入っていました。

内容量は、梅が2袋、柚子、抹茶、花螺李(からり)はそれぞれ1袋。

それでは、食べた感想を味ごとに紹介していきますね。

のし梅のプレーンタイプ。黄梅を使用して作られています。

ひと口食べると梅の香りが口いっぱいに広がり、甘酸っぱくて華やかな印象。
見た目は透き通っていますが、梅の味が濃厚です。

柚子

柚子の皮が練りこまれているとだけあり、柚子の風味が鼻にぬけていきます。
また、ところどころにある柚子皮も良いアクセント。

ベースの梅は、食べ終わるころになって存在感を示してきます。
柚子と梅のダブルの爽やかさで、後味はすっきり。

抹茶

梅と抹茶という珍しい組み合わせの一品。
どちらかというと梅の方が前に出ており、抹茶は縁の下の力持ち的存在です。

甘酸っぱい中に、自然な抹茶の味・風味を感じられますよ。

花螺李(からり)

花螺李とは、すももの一種。奄美大島産のものが使用されています。
この花螺李と梅の相性がバツグンで、お互いを高め合っている味わい。
味が濃く、とにかくジューシー!

ちなみに、鮮やかな色ですが着色料は入っていません。

**********

数ミリほどの厚さですが、食感は弾力があり、寒天にも似た柔らかいゼリーです。

今回、のし梅というお菓子を初めて食べましたが、その繊細さと濃厚さに魅了されました。

素朴でありながら、のし梅を知らない世代にとっては新しい味わいのお菓子。

渋めに淹れた日本茶にもぴったりですよ。

プラム食品 のし梅が買える場所

和歌山県にあるお土産屋さんやアドベンチャーワールド、プラム食品のオンラインショップでも購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名プラム食品 のし梅
内容量5個入り10個入り
製造者プラム食品株式会社
製造者住所和歌山県西牟婁郡上富田町生馬1474-1
原材料糖類(砂糖、水あめ)、、プラム(花螺李)、抹茶柚子ゲル化剤(ペクチン)酸味料香料
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限購入日:2018年3月8日、賞味期限日:2018年8月30日まで
保存方法直射日光、高温多湿を避けて下さい。
箱の大きさ横 12cm × 奥行き 19.5cm × 高さ 3.5cm
名産地和歌山県白浜
おみやげの種類和半生菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。