プリン研究所 バニラプリン タヒチ

プリン研究所 バニラプリン タヒチ外装
プリン研究所 バニラプリン タヒチ外装プリン研究所 バニラプリン タヒチ開封後プリン研究所 バニラプリン タヒチ中身

プリン研究所とは

プリン研究所は、2014年にオープンした、インターネット通販限定のプリン専門店。
パティシエ・バリスタの北村佑介氏が所長をつとめています。

今や、コンビニやスーパーで手軽にプリンが買える時代。

しかし、「本当においしくて体に安全なプリンを全国の人にとどけたい」という想いから、注文を受けた分だけを作る受注生産形式をとっています。

プリン研究所では、プレーンなプリンはもちろん、四季折々の素材をとりいれたプリンまで、常に15種類以上をラインナップ。

プリンにかけて楽しむソースは12種類あり、1つのプリンにつき2種類まで、好きなソースを選ぶことができますよ。

特殊製法で真空にしてあるため、無添加でありながら10日間日持ちがきくのもうれしいポイントですね。

プリン研究所 バニラプリン タヒチとは

バニラプリン タヒチは、希少なタヒチ産バニラを使用したプリンです。

バニラビーンズは、産地によって香りがまったく異なります。

タヒチ産の特徴は、セリ科の香辛料・アニスに似たスパイシーな甘み。
世界中のバニラビーンズの0.2%しか流通していない、希少な品種です。

バニラの香りを引き立てるために卵をおさえ、生クリームをたっぷりと入れています。

ミルキーな味わいと、芳醇なバニラの香りが楽しめますよ。

なお、バニラプリンには「タヒチ」のほかに「マダガスカル」「コンビ」もあります。

プリン研究所 バニラプリン タヒチを食べてみて

プリンの中に見える黒い粒がバニラビーンズ。
主に底と表面にたまっているため、底からすくって食べるのがおすすめです。

味わいは確かにバニラなのですが、ふだん食べているものとは異なる香り。
ハーブのような、独特の風味がありますね。

おなじバニラでも、「マダガスカル」とはまったく違う味わいにおどろきます。
一風変わったバニラプリンを試してみたい!という人におすすめですよ。

プリン研究所 バニラプリン タヒチの楽しみかた

プリン研究所のプリンには、それぞれ「店主おすすめのソース」が記載されています。

「バニラプリン タヒチ」の場合は、マンゴーパッションとラムでした。

プリン研究所 バニラプリン タヒチ ソースをかけたところ

フルーティーなマンゴーパッションソースは、かけすぎるとバニラの香りが負けるので注意が必要。

ラムソースはバニラの甘さを上手に引き立ててくれているように感じました。

また、タヒチ産バニラがアニスの香りに似ているということで、アニスソースをかけてもおいしく食べられましたよ。

そのまま楽しんでもよし、ソースで風味を変えてもよしの、いろんな楽しみかたができるプリンです。

プリン研究所 バニラプリン タヒチの値段と購入方法

  • 単品:842円
  • 4個入り:3,369円
  • 6個入り:5,054円
  • バニラプリン3種食べ比べセット6個入り:5,054円

購入はプリン研究所ホームページからどうぞ。

プリン研究所のそのほかの記事一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名プリン研究所 バニラプリン タヒチ
内容量101〜200g
製造者プリン研究所
製造者住所大阪府大阪市西淀川区佃3-1-7
原材料生クリーム牛乳濃縮乳砂糖バニラビーンズ
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限発送日より10日
保存方法要冷蔵(10℃以下)
箱の大きさ横 5.5cm × 奥行き 5.5cm × 高さ 9cm
名産地大阪府大阪
おみやげの種類プリン
価格帯1,000円以内4,000円以内5,000円超

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。