菓秀苑森長 puchi OKOC(ぷちおこしー)うめ

ぷちおこしー うめ 外装
ぷちおこしー うめ 外装ぷちおこしー うめ 開封写真ぷちおこしー うめ 中身写真

菓秀苑森長 puchi OKOC(ぷちおこしー)うめについて

長崎県諫早市の郷土菓子「おこし」をご存知でしょうか。

「おこし」とは煎ったお米を飴や砂糖で固めた干菓子の一種です。

むかしから諫早市は田畑に恵まれ、米作りが盛んに行われていました。

たくさん採れた米の余剰米を利用してつくられるようになったのが「おこし」なのです。

いまなお諫早のお土産として、地元の人たちに愛され利用されています。

今回紹介するのは創業寛政5年(1793年)の老舗、菓秀苑森長の「puchi OKOC(ぷちおこしー)うめ」。

ぷちおこしーは2011年から販売されている、森長おこしの新しいブランドです。

サイコロ型のひと口サイズのおこしで、ザクザク食感と梅の風味を楽しめる一品ですよ。

長崎空港のお土産コーナーでの取り扱いもありますので、旅行や出張の際は手に取ってみてはいかがでしょうか。

菓秀苑森長 puchi OKOC(ぷちおこしー)うめを食べた感想

おこしというと比較的大きめサイズが多いイメージですが、ぷちおこしーはとても食べやすいひと口サイズ。

コロンと可愛らしい見た目と梅の香りがそそります。

歯ごたえは通常のおこしと同じでザクザク。個人的には、おこしの最大の特徴はこの食感にあると思っています。

飴や砂糖でしっかり練り固められていて、なんともいえない噛みごたえです。

梅の風味もしっかりきいていて、酸味が口の中に広がりとてもさやわか。

おこしの甘味と梅の酸味とのバランスがよく、食べる手がとまらなくなります!

菓秀苑森長 puchi OKOC(ぷちおこしー)うめが買える場所

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名菓秀苑森長 puchi OKOC(ぷちおこしー)うめ
内容量100g以内
製造者株式会社 菓秀苑 森長
製造者住所長崎県諫早市幸町38-30
原材料水飴、うるち米(国産)、砂糖、ショートニング、うめ、ブドウ糖、梅肉パウダー、しそ、粉末酢、食塩、蛋白加水分解物、菜種白絞油、酸味料、調味料(アミノ酸等)、香料、甘味料(ステビア)、ムラサキトウモロコシ色素、(原料の一部に大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限60日(常温保存)
保存方法直射日光、高温多湿をさけて下さい
箱の大きさ横 6.5cm × 奥行き 5.5cm × 高さ 16.5cm
名産地長崎県諫早
販売場所長崎空港長崎駅
おみやげの種類干菓子おこし・あられ
価格帯1,000円以内