OYATSUYA SUN チャイグラノーラ

OYATSUYA SUN チャイグラノーラ 外装
OYATSUYA SUN チャイグラノーラ 外装OYATSUYA SUN チャイグラノーラ 開封OYATSUYA SUN チャイグラノーラ 中身1

OYATSUYA SUN チャイグラノーラについて

「OYATSUYA SUN(オヤツヤサン)」は、東京都国立市に工房を構える会社。

「なくても困らないけれど、あったら人生が楽しくなるもの」をコンセプトに、パウンドケーキやクッキー、グラノーラ、マフィン、スコーンなど、焼き菓子を中心としたおやつを作っています。

今回紹介するのは、「チャイグラノーラ」。

シナモン、クローブ、カルダモン、ジンジャーパウダーの4種のスパイスをブレンドし、細かく刻んだアールグレイの紅茶葉を加えた、チャイ風グラノーラです。

具材として、ドライいちじくとカシューナッツも入っています。

ボックスにはかわいいイラストが描かれ、マットな金の箔押しがオシャレな印象を与えてくれるので、ギフトとしても利用できますね。

内袋には便利なチャック付き。
ただし、素材本来の食感や風味を楽しむためにも、開封後はできるだけ早めに食べるのがおすすめですよ。

OYATSUYA SUN チャイグラノーラを食べた感想

袋を開けると香り高いスパイスが鼻をくすぐります。

まずはそのまま。
大きな塊のグラノーラを口に運ぶと、ザクッザクッとした歯ごたえが楽しめます。

そのままでもオヤツ感覚で食べれるので、思わず二つ三つと手が止まらなくなりますよ。

しかしそこはせっかくのチャイグラノーラですので、ミルクもかけてみないともったいない!

OYATSUYA SUN チャイグラノーラ 中身2

ということで、ミルクをかけてみました。

食べ進める中で、4種のスパイスとアールグレイの紅茶葉が、ゆっくりミルクと混ざり合います。

ドライいちじくとカシューナッツが、食感と風味にアクセントを与えてくれますよ。

食べ始めと食べ終わりで味と食感の変化も楽しめ、最後に残ったミルクを飲むと、本当にチャイを飲んでいるような味わいでした。

食べ終えた後も、チャイ特有の香りと味わいが心地よく広がるグラノーラです。

OYATSUYA SUN チャイグラノーラの価格

  • チャイグラノーラ 195g入り 1,490円(税込)

OYATSUYA SUN チャイグラノーラを購入できる場所

OYATSUYA SUN チャイグラノーラは、東京都国立市にある工房での店頭販売(不定期販売)の他、インターネットによる通信販売も行われています。

【OYATSUYA SUN 国立本店】

不定期販売・直売形式

  • 住所:東京都国立市北2-12-13(JR中央線 国立駅から徒歩7分)
  • 営業日:不定期(OYATSUYA SUN 公式Twitterにて当日のラインナップ発表あり。)
  • 営業時間:12時〜17時(売切れの場合は早めに閉店の可能性あり。)

【通信販売】

インターネット上の雑貨店「北欧、暮らしの道具店」にて、パウンドケーキやグラノーラ、クッキーなどの販売が行われています。

※一旦「SOLD OUT!」となっている商品でも、【入荷未定】等の記載がなければ、基本的には再販を予定しているとのこと。
「メルマガ登録」をしておけば、新着・新入荷情報も受け取れますよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名OYATSUYA SUN チャイグラノーラ
内容量101〜200g
販売者株式会社クラシコム
販売者住所東京都国立市中2-18-42
製造者株式会社 OYATSUYA SUN
製造者住所東京都国立市東1-16-9
原材料オートミール菜種油、小麦全粒粉(北海道産)、はちみつ三温糖牛乳カボチャの種、ドライいちじく(いちじく、米粉)、カシューナッツ、アールグレイ茶葉(紅茶、香料)、シナモンクローブカルダモンジンジャーパウダー、(またOYATSUYA SUNの工房では、小麦粉、卵、バター、くるみ、りんご、アーモンド、カシューナッツ、バナナを含む製品を製造しています。)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造日から4週間
保存方法直射日光を避け常温で保存。※開封後は早めにお召し上がりください。
箱の大きさ横 10.5cm × 奥行き 16cm × 高さ 6cm
名産地東京都
おみやげの種類グラノーラ
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。