近江藤齋 近江招福

近江招福おぜんざい外装写真
近江招福おぜんざい外装写真近江招福おぜんざい開封写真近江招福おぜんざい中身写真

近江藤齋 近江招福とは

近江藤齋は、鮎巻で有名な鮎家グループの和菓子部門。滋賀・近江の文化や素材にこだわったお菓子を作っているお店です。

今回いただいた「近江招福」は、小豆がたっぷりと入った汁気のあるおぜんざい。
中のシールをはがし、電子レンジで60秒程度(500Wの場合)温めると食べられる、手軽なおぜんざいですよ。

「おぜんざい」と「おしるこ」の呼び方は、地方によって変わるようで、近江藤齋がある関西ではこしあんのものを「おしるこ」、つぶあんのものを「おぜんざい」と呼びます。

ちなみに関東では汁気のあるものを「おしるこ」、汁気がないものを「おぜんざい」と呼ぶそう。
地域によって呼び名が違うのは、おもしろいですね。

OMIYA!では、お餅入りの近江福福おぜんざいの紹介記事もあるので、興味がある方はあわせてチェックしてみてください。

近江藤齋 近江招福を食べた感想

食べてみると、小豆の甘みが口の中に広がり、その甘さがあとを引きます。
お餅入りの近江福福おぜんざいと比べると、こちらの方が甘めで、小豆の味がしっかりと感じられました。

小豆の柔らかさは近江福福おぜんざいと同様、とても柔らかく、軽く舌で押さえただけで簡単につぶれます。

とても甘いおぜんざいなので、甘党の人におすすめ。渋めの日本茶とセットで食べると、ちょうどいいバランスになります。

また、小さなお餅を焼いて、中に入れて食べるというアレンジもおすすめですよ。
高級感のあるしっかりとした貼り箱に入っているので、目上の方、年配の方への贈り物にもぴったりでしょう。

近江藤齋 近江招福を買える場所

近江藤齋 近江招福は、以下の店舗で購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名近江藤齋 近江招福
内容量3個入り
製造者近江藤斎㈱鮎家AM2A
製造者住所滋賀県野州市吉川4187番地
原材料食塩小豆砂糖
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約4ヶ月
保存方法直射日光、高温多湿を避け、涼しい所で保存してください
箱の大きさ横 8.5cm × 奥行き 13.5cm × 高さ 6.5cm
名産地滋賀県大津
販売場所そごう神戸店東武百貨店船橋店東武百貨店池袋店
おみやげの種類おしるこぜんざい
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。