おととせんべい

おととせんべい外装
おととせんべい外装おととせんべい開封写真おととせんべい中身写真
おみやの写真について

おみやげのデータ

商品名おととせんべい
内容量6個入り10個入り15個入り22個入り
製造者有限会社 象屋元蔵
製造者住所香川県高松市田町5-8
原材料小麦粉、砂糖、食塩、調味料(アミノ酸)、えび、植物性油脂、昆布、一味唐辛子、魚、いりこ
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約2ヶ月
保存方法直射日光、高温多湿を避け、冷暗所で保存してください。開封後は賞味期限にかかわらず、お早めにお召しあがりください。
箱の大きさ横 21.3cm × 奥行き 28.7cm × 高さ 5.8cm
名産地香川県
販売場所松山空港高松空港JR高松駅府中湖PA源平の里むれ栗林公園
おみやげの種類せんべい焼き菓子
価格帯2,000円以内3,000円以内4,000円以内5,000円以内5,000円超

おととせんべいについて

おととせんべいは、香川県高松市にある象屋元蔵が製造しているせんべいです。

「おとと」は魚を指す言葉。辞典には幼児語とあるのですが、子供が使っているのを聞いたことがなく、わたしにとっては初耳です。

方言の一つかなと思ってさらに調べたのですが、残念ながら詳しいことがわかりませんでした。

紹介するおととせんべいは、小魚やえびを姿のまませんべいにしたもの。
一枚一枚手焼きで、生地が大変うすく割れやすいです。

同封されているお菓子の栞によると、おととせんべいに使用される魚は約15種類。
季節によって魚が変わるようですから、年中色々なおととせんべいを味わう楽しみがありますね。

おととせんべいの入り数のバリエーションは豊富で、6枚、10枚、15枚、22枚、28枚入りがあります。

ちなみに、ふるさと納税サイト「さとふる」で、納税の返礼品として受け取れますよ。そちらでは15枚入りです。

おととせんべいのつくり方

象屋元蔵公式サイトにつくり方がかかれていますので、簡単に紹介しますね。

  1. 獲れたての魚を丁寧にさばく
  2. 乾燥室で、1日~2日間乾燥させる(タコは厚みがあるので時間がかかるそうです)
  3. 生地に魚をのせて、鉄板で焼くこと1分
  4. 七輪を使用して炭火であぶる
  5. ハサミで生地の形を整え、そのご包装

象屋元蔵公式サイトの写真つき解説を見ると楽しいですよ。

おととせんべいを食べた感想

わたしがいただいたおととせんべいの中には、タコ、エビ、カエリチリメン、ハゼ、サバなどを含む、全部で15枚が入っていました。

箱を開けると、魚がのった大きなせんべいが並んでいます。小さいのは直径約13センチ、大きいのは直径約16センチ。

しばらく食べずに、一枚一枚眺めることに。魚の図鑑を見ているようで、テンションがあがります!

ひとしきり眺めて魚の種類を確かめたところで、いざ試食へ。

パリッと香ばしいせんべいは、まさに魚本来の味。
ほんのりきいた塩味と海のしょっぱさが感じられますね。

大きいですが薄型であっさりした味なので2、3枚ぐらい食べられますよ。

一つ一つ丁寧に個包装されたものが箱に入っているので、安心して贈答品としても利用できそうです。

おととせんべいを購入できる場所

象屋元蔵では、電話・ファックス・メールでの注文を受け付けています。百貨店やオインラインショップでの販売は行っていませんので注意してくださいね。

  • 象屋元蔵本店(住所:香川県高松市田町5-8/営業時間:10:30~17:30/定休日:月曜日、年末年始)
  • JR高松駅BIG KIOSK
  • 高松空港
  • 愛媛県松山空港
  • 府中湖サービスエリア(下り)
  • 道の駅「源平の里むれ」