小樽石蔵 堅焼きばうむ プレーン

小樽石蔵 堅焼きばうむ プレーン 外装
小樽石蔵 堅焼きばうむ プレーン 外装小樽石蔵 堅焼きばうむ プレーン 開封した写真小樽石蔵 堅焼きばうむ プレーン 中身の写真

小樽石蔵 堅焼きばうむ プレーン

観光地で有名な小樽堺町通りのメルヘン交差点から、少しだけ離れた場所にある菓子店「円甘味(まるあまみ)」。

大正時代からある石蔵を改装した店舗の中には、抹茶味やいちご味など色々な種類のバームクーヘンが販売されています。

「堅焼きばうむ プレーン」は、熟練の和菓子職人が北海道の素材にこだわって作っているお菓子。

バームクーヘンは柔らかいというイメージがありますが、この堅焼きばうむは「かたい」ところが特徴ですよ。

最初は、和菓子職人がどうして洋菓子のバームクーヘンを作っているのかな?と思いました。

今、和菓子の古き良き伝統の技と味を受け継ぐ若者が少なくなっているそう。

そのため、手焼きが難しいバウムにあえて挑戦し、和と洋の融合で小樽を代表するお菓子になって欲しい、という想いが込められているそうです。

石蔵のお店をモチーフにした箱がとっても可愛らしいですよね。

  • 1個:1,728円(税込)

小樽石蔵 堅焼きばうむ プレーンを食べた感想

「堅焼きばうむ」という名前から、いったいどのくらいかたいのだろう?という好奇心で食べたくなったバウムクーヘン。

高さが10センチ、直径が13センチの迫力ある見た目。

袋を開けるとふんわりと優しいバターの香りが漂います。

手に持った感じはかなりかため。包丁を縦に入れた時、少し力を入れるとザクっとした切り心地でした。

一口食べてみると、歯ごたえのあるしっかりとした生地。

外側の粉砂糖がかかっている生地はサクサクとしていて、中の方はしっとりずっしりとした年輪の食感を感じられますよ。

噛むほどに、じんわりと甘みとバターの香りが口の中で広がります。

昔ながらの素朴でほっとする味。

柔らかめよりはかためのバームクーヘンが好きな私にはかなりツボです。

お好みで、薄く切ったり厚く切ったりして楽しめますよ。年代を問わず喜ばれそうです。

小樽石蔵 堅焼きばうむ プレーンが買える場所

  • 円甘味(まるあまみ) 北海道小樽市入船1丁目2番22号

公式ホームページからも購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名小樽石蔵 堅焼きばうむ プレーン
内容量301~400g
製造者株式会社 円甘味
製造者住所北海道小樽市入船1丁目2番22号
原材料全卵砂糖小麦粉発酵バターショートニングアーモンドプードルカスタードパウダーオリゴ糖水飴レモン汁洋酒乳化剤、増粘剤(加工澱粉、アルギン酸)、トレハロース香料膨張剤着色料(βカロチン)(原材料の一部に大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限一ヶ月
保存方法直射日光,高温多湿を避けて保存
箱の大きさ横 13cm × 奥行き 12.5cm × 高さ 15cm
名産地北海道小樽
販売場所小樽堺町通り
おみやげの種類バウムクーヘン
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。