おそいぞ武蔵

おそいぞ武蔵 外装
おそいぞ武蔵 外装

おそいぞ武蔵ついて

巌流焼きが有名な巌流本舗(山口県下関市)が手がけるどら焼きです。

慶長17年(1612年)に巌流島で行われたといわれている「宮本武蔵VS佐々木小次郎」の決闘をモチーフにしていますよ。決闘場に来るのが「おそいぞ武蔵!」と呼びかけている、佐々木小次郎目線のネーミングがユニークですね。

巌流本舗が販売する巌流焼(白あん)を少し小さくしただけのように思われますが、じつはおそいぞ武蔵オリジナルの生地になっています。
マーガリン・メープルシロップが入っており、食感も味もやわらかい仕上がりが特徴です。

単品で購入できますし、また入り数のバリエーションも豊富なので、シーンに合わせて利用できるのがいいですね。(下記のおみやげデータに記載)

おそいぞ武蔵を食べた感想

お伊勢さん菓子博2017の全国のお土産販売コーナーで、ネーミングに引かれ購入しました。
こういうキャッチーなタイトルのお土産が気になるのは私だけでしょうか・・・。

おそいぞ武蔵について前知識をもっていなかったので、さぞユニークなお菓子だろうと思い開封しました。

開けてみると、中身は意外にも正統派のどら焼きで、直径約10センチとおおきい!

一口食べて、ネーミングとのギャップをより感じます。
しっとりやわらかい生地がとてもおいしいのです!

うけをねらってつくったのではない、どら焼きへの真剣さが伝わる味わい。
たっぷりのつぶあんなので、小豆のごつごつした食感があり、これがまたおいしい。

個人的にはもう少しサイズが小さければ、お腹にもやさしくてより満足度の高いどら焼きになるのではないかと思います。

おそいぞ武蔵が買える場所

  • 巌流本舗(住所:山口県下関市長府扇町6-44/営業時間:8:00~17:00 日曜日は16時まで/定休日:水曜日)
  • 巌流本舗各店舗
  • 巌流本舗公式サイト
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名おそいぞ武蔵
内容量1個入り5個入り6個入り8個入り10個入り12個入り15個入り20個入り24個入り30個入り
製造者(株)巌流本舗
製造者住所山口県下関市長府扇町6-44
原材料小麦粉砂糖食塩乳化剤膨張剤香料マーガリンソルビット小豆酒精メープルシロップ
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約1週間
保存方法高温多湿な場所は避けて下さい。
箱の大きさ横 15.4cm × 奥行き 5.4cm × 高さ 20.3cm
名産地山口県
販売場所小倉駅新下関駅徳山駅JR下関駅
おみやげの種類どら焼き和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内5,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。