小野茶せんべい

小野茶せんべいについて

今回紹介するのは、山口県の特産「小野茶」を使ったお菓子です。
山口県といえばフグのイメージが強いですが、小野茶を栽培している「小野茶第茶園」は、茶畑面積が100haもあるんだとか。

これは西日本随一だそうですよ。
個人的にもお茶が好きなので、どんな味なのかが気になりました。

箱に小野茶の特徴が書いてあったので紹介しますね。

小野茶について

小野茶は真砂と赤土の混合土壌で育成されます。
その茶葉は渋み、苦みが濃厚で、その特徴を生かしたせんべいは、味に深みを感じさせますよ。

通常の10倍のお茶を使用しています。
新山口駅1階のおみやげ物屋さんで購入しましたが、「小野茶®」というサイトからオンラインショッピングもできますよ。

小野茶せんべいを食べた感想

お煎餅の説明に、”渋み、苦みが濃厚”や”通常の10倍”と書いていたので、苦いんだろうなぁと思っていました。

ところが、食べてみると、渋みや苦みをほとんど感じませんでした。
食べやすいように調合しているのでしょうか。
どちらかというと、甘い印象でした。

また、生地は”せんべい”というよりは”サブレ”に近い感じがしました。
せんべいの中でも、卵せんべいのようなイメージ。

お茶好きな方に贈りたいおみやげです。
賞味期限も長めなので、おみやげに使いやすいですね。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名小野茶せんべい
内容量12個入り
製造者株式会社 山口茶業YI
製造者住所山口県宇部市大字櫟原152‐13
原材料香料(原材料の一部に大豆を含む)小麦粉砂糖鶏卵、植物油脂(原材料の一部に乳を含む)、煎茶乳化剤膨張剤
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約3か月
保存方法直射日光、高温多湿の場所を避けて、保存してください。
箱の大きさ横 15.6cm × 奥行き 8cm × 高さ 10.1cm
名産地山口県
販売場所新山口駅
おみやげの種類せんべい
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。