大手まんぢゅう

評価★★★★★4.7
クチコミ3
大手まんじゅう外装
大手まんじゅう外装大手まんじゅう開封後大手まんじゅう中身

大手まんぢゅうとは

大手まんぢゅうは、170年以上親しまれている岡山県のお菓子です。
もともと岡山城の大手門近くにお店があったことから、この名前がつけられました。

天保8年(1837年)に、初代伊部屋永吉が「大手饅頭伊部屋」を創業。
当時の備前藩主池田候の寵愛を受け茶会の席で好んで食べられたほか、親しみやすい名前と味わいで備前名物として広く愛されるようになりました。

備前岡山は古くから米どころとして知られています。
良質の備前米を原料として甘酒を作り、ここに小麦粉を混ぜ発酵させて生地を調整。

ここに北海道産小豆を白双糖で練り上げたこしあんを包んで蒸し上げるという、酒まんじゅうの基本製法で作られています。

大手まんぢゅうを食べてみて

外箱をひらくと、「大手」の印に花柄の個包装がとても華やか。
その中には、まばらな模様の薄皮に透けるほどたっぷりのあんが詰まったまんじゅうが入っています。

外側には手に持ちやすい程度の固さがあり、中のこしあんは柔らかくなめらかな口あたりです。
お酒の香りがほのかに感じられますが、一般的な酒まんじゅうよりは弱めなので、お酒に弱い人でもおいしく食べられそうですね。

大手まんぢゅうは個包装のため、製造日から1週間はそのままの風味で楽しめます。
大手饅頭伊部屋の京橋本店および雄町工場では、できたての温かい大手まんぢゅうを買うことができますよ。

固くなった場合はレンジでチンしたり油で揚げたりしてもおいしく、お椀にまんじゅうを入れてお湯を注げば即席しるこにもなります。

ホームページには大手まんぢゅうを使った「皮揚げ焼き」や「あんこミルク」など、オリジナルスイーツのレシピも載っているので、チェックしてみてくださいね。

大手まんぢゅうの種類と値段

  • 4個入り:288円
  • 6個入り:432円
  • 10個入り:756円
  • 15個入り:1,188円
  • 20個入り:1,512円
  • 25個入り:1,944円
  • 30個入り:2,268円
  • 35個入り:2,700円
  • 40個入り:3,024円
  • 50個入り:3,888円
  • 60個入り:4,644円
  • 70個入り:5,400円

大手まんぢゅうが買える場所

  • 大手饅頭伊部屋 京橋本店
  • 大手饅頭伊部屋 雄町工場
  • 岡山空港
  • JR岡山駅
  • イオンモール岡山
  • 天満屋(福山/岡山/倉敷/津山/倉敷ふるさと館店)
  • 高島屋(日本橋/新宿/横浜/岡山店)
  • 姫路山陽百貨店
  • 阪神百貨店梅田本店
  • 三越 高松店
  • イトーヨーカドー(アリオ倉敷/岡山店)
  • 天満屋ハピータウン(岡北/原尾島/西大寺/岡南/児島/リブ総社/玉野/鴨方店)
  • ハピーズ(岡輝/泉田/大安寺/倉敷中島/円山/玉島店)
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名大手まんぢゅう
内容量4個入り6個入り10個入り15個入り20個入り25個入り30個入り35個入り40個入り50個入り60個入り70個入り
製造者株式会社大手饅頭伊部屋
製造者住所岡山県岡山市中区雄町201-1
原材料小麦粉砂糖還元水飴もち米小豆(北海道産)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造日から1週間
保存方法直射日光・高温多湿をお避けください。
箱の大きさ横 10cm × 奥行き 23.5cm × 高さ 5.5cm
名産地岡山県
販売場所岡山空港岡山駅阪神梅田本店高松三越山陽百貨店髙島屋日本橋店髙島屋岡山店高島屋新宿店髙島屋横浜店天満屋倉敷店天満屋岡山店天満屋津山店
おみやげの種類饅頭
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内5,000円以内5,000円超

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。