をぐら山春秋(小缶)

評価★★★★★4.7
クチコミ6

をぐら山春秋(小缶)について

日本の美しい伝統文化や風景をお菓子の中に再現した小倉山荘の人気商品。

この「をぐら山春秋」は百人一首の雅な世界観がモチーフとなっています。

缶の中には8種類のあられが1組として1袋の中に梱包されております。

  • 有明の月(甘醤油せんべい)
  • 有明の月(サラダせんべい)
  • 有明の月(丹波黒大豆あられ)
  • 初霜(ザラメあられ)
  • 黒染の袖(海苔巻きあられ)
  • もみぢ葉(あおさのりせんべい)
  • 散る花(えびあられ)
  • ならの葉(黒ごませんべい)

お客さんの声を取り入れ、何度もリニューアルがなされて現在の組み合わせになったそうです。

外箱の包装、中の小袋ともに小倉山の四季の風景が描かれており、世界観が統一されたパッケージデザインにも細部までいきわたる心配りが感じられます。

高級感がありますので手土産として、また何か記念の贈答品としても使えるお菓子だと思います。

をぐら山春秋(小缶)を食べた感想

有明の月(甘醤油せんべい)

あまみとともに醤油の旨みが感じられるあられです。

砂糖醤油でお餅を食べたときのような、懐かしい味。

有明の月(サラダせんべい)

あっさりとした薄味のあられ。いちばん素朴でシンプルな味です。

有明の月(丹波黒大豆あられ)

香ばしいカリッとした黒豆が特徴的。

かための食感です。

初霜(ザラメあられ)

パキッとした光沢のある表面がかたいあられです。

ザラメ糖のおだやかな甘みです。

黒染の袖(海苔巻きあられ)

薄くパリッとした海苔がまかれています。

食べても海苔がベタッと口の中には残らず、海苔がほどけていくような食感です。

もみぢ葉(あおさのりせんべい)

青のりの風味が豊かでさわやかさを感じます。

散る花(えびあられ)

桜の花びらの形をしています。

エビが練り込まれていてうすいピンク色をしていて華やかさをプラスしていますね。

ならの葉(黒ごませんべい)

他のせんべいに比べてビターな味付けと黒ごまの香りで、8枚の中ではアクセントになるような独特の味です。

8種類の小さなおかきはどれも一口で食べられるサイズです。

それぞれ噛んだときの食感、風味、甘さ、辛さ、どれもひとつひとつの個性がはっきりしており、百人一首の世界を表現しようとしたというだけあって、それぞれの味に明確なねらいの違いを感じられます。

バリエーション豊かですので、1袋食べるだけでも満足感があります。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名をぐら山春秋(小缶)
内容量16個入り
製造者株式会社小倉山荘
製造者住所京都府長岡京市今里蓮ヶ糸45
原材料砂糖、水飴、植物油脂、食塩、醤油、みりん、発酵調味料、酵母エキス、カツオエキス、香料、米、酸味料、黒大豆、黒ごま、もち米、海苔、えび、昆布エキス、椎茸エキス、ガーリックパウダー、(原材料の一部に小麦を含む)、でん粉分解物、あおさのり、えび粉、かつおぶしエキス、白こしょう、パウダー調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉)、着色料(紅麹)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限3ヶ月
保存方法直射日光および高温多湿の所はさけ、常温で保存してください。
箱の大きさ横 24cm × 奥行き 24cm × 高さ 9.3cm
名産地京都府
販売場所博多阪急
おみやげの種類米菓
価格帯2,000円以内