織田信長ラングドシャ

織田信長ラングドシャ 外装
織田信長ラングドシャ 外装織田信長ラングドシャ 開封写真

織田信長ラングドシャについて

織田信長ラングドシャは岐阜県のお土産です。
菓子土産品の製造・販売をしている(株)長登屋が開発したお菓子。

岐阜城を居城とした織田信長にちなんだお菓子で、ホワイトクリーム入りのラングドシャですよ。

真っ赤なパッケージと「織田信長」の文字が目を引きます。
歴史好きな人にとっては、つい手に取りたくなるお土産でしょうね。

今回の購入先は岐阜羽島駅です。ネット通販では、名古屋のお土産品を販売しているみやげ電子茶屋 楽天市場店で購入できます。

織田信長とは?1分でわかる織田信長まとめ

学校の歴史の授業で学んだ織田信長。
歴史に興味のない人にとっては、織田信長も豊臣秀吉もどちらも似たような歴史上の人物にうつるでしょう。

授業で学ぶほどですから、重要な人物であることは確かで、知っておいて損はないはず。
そこで!織田信長がどんな人物であったか簡単にまとめてみました。

織田信長ってこんな人

  • 出身地:愛知県
  • 生誕~死没:1534年~1582年
  • 勇猛→約3000人で2万~4万人の敵を倒した。
  • 好奇心旺盛→戦闘に馬が使われていた時代に、率先して鉄砲を取り入れた。
  • 異文化好き→宣教師と面会し、ポルトガルの土産品をもらうのが好きだった。
  • 短気→自業自得ともいえるのか、家臣に襲われて最期は自殺することになった。

織田信長ラングドシャを食べた感想

織田信長の家紋がついた、金色の個包装が特徴的ですね。

開封するとマーガリンの強い香りがします。サクッとした食感で、味はオーソドックスな甘めのラングドシャです。

他県の土産品としてもこのラングドシャが使用されているようですから、味で勝負というよりはパッケージがうりなのかもしれませんね。

織田信長ラングシャについていえば、歴史が好きな人へのお土産にはいいと思います!

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名織田信長ラングドシャ
内容量10個入り
製造者(株)長登屋
製造者住所岐阜県下呂市東上田251-1
原材料小麦粉砂糖植物油脂乳化剤膨張剤香料ココアバター全粉乳乳糖コーンスターチアーモンド卵白マーガリンカロチン色素pH調整剤乳等を主原料とする食品(原材料の一部に大豆、オレンジを含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約1ヶ月半
保存方法直射日光、高温多湿を避け保存
箱の大きさ横 17.5cm × 奥行き 17.5cm × 高さ 3.0cm
名産地岐阜県
販売場所岐阜羽島駅
おみやげの種類ラングドシャ焼き菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。