小江戸川越バウムクーヘンノリスケさん 川越いもバウムクーヘン

ノリスケさん さつまいもバウムクーヘン 外装
ノリスケさん さつまいもバウムクーヘン 外装ノリスケさん さつまいもバウムクーヘン 開封後ノリスケさん さつまいもバウムクーヘン 中身

小江戸川越バウムクーヘンノリスケさん 川越いもバウムクーヘンとは

『おいしくって、お腹いっぱい!』をキャッチフレーズに、2012年、埼玉県川越にオープンした「小江戸川越バウムクーヘン ノリスケさん」。

メインストリートである川越一番街商店街の、小江戸横丁の中にお店があります。

小江戸横丁は飲食店や雑貨店など計8店舗が建ち並ぶ、情緒あふれるレトロな空間。

近くには川越のシンボル「時の鐘」があり、食べ歩きできるお菓子なども売られている、人気の観光スポットなんですよ。

▼ノリスケさんの店舗外観

ノリスケさん 店舗外観

「ノリスケさん」という店名は、バウムクーヘンが祝い菓子であることに由来します。

この店のバウムクーヘンで皆様の喜びをサポートできたら…
「お祝いごと=祝(ノリ)」の「助け」になれたら…という願いを込めて付けられたんだそう。

最初に聞いた時は「変わった店名だな」と少し驚きましたが、込められた思いを知るとほっこりしますね。

手作りで焼かれるノリスケさんのバウムクーヘンは、バターやマーガリンを使用せず、菜種油が使われています。

また、お腹いっぱいバウムクーヘンを食べてほしい!という想いから、糖分を控えめに作られているんだそうですよ。

ラインナップは「川越いも・バニラ・河越抹茶」の3種類+マンスリーフレーバー1種類。

今回紹介するのはお店の定番ともいえる、さつまいもを使った「川越いも」味です。

1ホール500円(税込)とリーズナブルなのも魅力。

ホールのほかに、その場で食べやすいスティックタイプ(200円)も販売されています。

日持ちは約1週間。購入時は常温ですが、保存は要冷蔵ですのでご注意ください。

小江戸川越バウムクーヘンノリスケさん 川越いもバウムクーヘンを食べてみた感想

通常は、袋に入ったこのような状態で売られています。

ノリスケさん さつまいもバウムクーヘン 開封後2

箱代100円で贈答用の箱入りもできるとのことで、箱入りでお願いしてみました。(記事先頭の写真1、2枚目)

箱の上にかわいらしい花柄の紙をかけてくれ、おしゃれな手みやげになりますね。

いざ袋を開けて手に持ってみると、その柔らかさにびっくり。

普通のバウムクーヘンの感覚でひょいっと持つと、潰れたり折れたりしてしまいそうです。

口当たりもとってもソフト。口に入れるとしゅわっと音を立てるんです。これは新食感!

「ジューシーなバウムクーヘン」という言葉が、生まれて初めて頭に浮かびました。

しっとりと水分が多く、粉よりも卵の風味が強いので、さつまいもプリンを食べているような感覚にもなりましたよ。

口の中がパサつくことなく、飲み物なしでもパクパクいただけました。

甘さ控えめなのがいいですね。さつまいもの優しい甘さと風味が存分に生きています。

埼玉県民の私は、「ノリスケさん」の名前だけは知っていたのですが、今回食べてみて、人気の秘密がよく分かりました。

一度食べたら忘れられない、新感覚バウムクーヘン。川越の新しいおみやげとして、ぜひおすすめしたい一品です。

小江戸川越バウムクーヘンノリスケさん 川越いもバウムクーヘンを購入できる場所

小江戸横丁にある「小江戸川越バウムクーヘンノリスケさん」の店舗で購入できます。(住所:埼玉県川越市元町2-1-3 小江戸横丁入ル)

オンラインショップはありませんが、ノリスケさん公式サイトにある電話・FAXへ連絡すると、発送も行ってくれるとのことです。詳しくはお店に直接お問い合わせください。

小江戸川越バウムクーヘンノリスケさん その他のラインナップ

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名小江戸川越バウムクーヘンノリスケさん 川越いもバウムクーヘン
内容量201〜300g
製造者小江戸川越バウムクーヘン ノリスケさん
製造者住所埼玉県川越市元町2-1-3 小江戸横丁入ル
原材料鶏卵、菜種油、砂糖、国産小麦粉、甘藷澱粉、サツマイモペースト、トレハロース、香料、塩
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限購入日:2018年2月14日、賞味期限日:2018年2月20日
保存方法冷蔵庫にて保存
箱の大きさ横 14cm × 奥行き 20.2cm × 高さ 5.1cm
名産地埼玉県川越
おみやげの種類バウムクーヘン
価格帯1,000円以内