にしき堂 もみじ饅頭 こしあん

評価★★★★★4.5
クチコミ2
にしき堂 もみじ饅頭 こしあん 外装
にしき堂 もみじ饅頭 こしあん 外装にしき堂 もみじ饅頭 こしあん 開封した写真にしき堂 もみじ饅頭 こしあん 中身の写真
おみやの写真について

おみやげのデータ

商品名にしき堂 もみじ饅頭 こしあん
内容量6個入り8個入り10個入り15個入り20個入り30個入り40個入り
製造者株式会社 にしき堂
製造者住所広島市東区光町1丁目13−23
原材料小麦粉、砂糖、麦芽糖、水飴、トレハロース、植物油脂、乳化剤、膨張剤、卵、(原材料の一部に大豆を含む)、小豆餡(北海道小豆、砂糖、水飴)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限14日
保存方法高温、多湿を避け常温で保存して下さい。
箱の大きさ横 16.2(6個入り)cm × 奥行き 17.2(6個入り)cm × 高さ 5.8(6個入り)cm
名産地広島県
販売場所広島空港福山駅東広島駅広島駅三原駅岡山駅新尾道駅JR呉駅JR宮島口駅JR尾道駅安佐SA福山SA吉備SA小谷SA下松SA美東SA宮島SA大佐SA福屋八丁堀本店福屋広島駅前店そごう広島店天満屋広島アルパーク店天満屋広島緑井店
おみやげの種類饅頭和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内

にしき堂 もみじ饅頭 こしあんとは?

昭和26年創業、にしき堂を代表するお菓子です。

広島県の県花・県木のもみじを形をした「もみじまんじゅう」は、広島のお土産として有名ですよね。

にしき堂では、もみじまんじゅうを昭和28年から作っています。

にしき堂を代表するお菓子というだけあり、特に素材にはこだわりがあるんです。

小麦は国内産、水は名水として有名な海田町の日浦山湧水のものを使って、餡を炊きあげているんだそう。

そして、もみじまんじゅうに欠かせない小豆は北海道十勝産のものを使用しています。

毎年、北海道産十勝地方へ出かけて小豆畑の見て回るんだそうです。

輪作で小豆を作っているので、同じ畑からの収穫は8年に1度。ものすごいこだわりを感じますね。

平成20年には、広島の特産品で特に優れたものに与えられる「ザ・広島ブランド」の認定を受けています。

にしき堂 もみじ饅頭 こしあんを食べた感想

カステラの中にたっぷり入ってるこしあんはとてもなめらか。

あんはちょうどいい甘さで飽きのこない味です。

にしき堂を代表するする商品だけあって、安定感のある美味しいおまんじゅうでした。

もみじ饅頭 こしあんのちょっと変わった食べ方

もみじまんじゅうのちょっと変わった食べ方として、にしき堂のウェブサイトではこんな食べ方が紹介されていました。

  • 冷凍庫でアイスとして。
  • 焼いて香ばしく。
  • 油で揚げてフライもみじに。

焼くのは普通に思いつきそうですが、凍らしてアイスにしたり、揚げたりするのは思いつきませんでした。

アイスやフライもみじも美味しそうですね。

もみじ饅頭 こしあんが買える場所

にしき堂 もみじまんじゅう こし餡はにしき堂の各店舗、主要販売店オンラインショップで購入することができます。