仁木 なると金時

銘菓なると金時 外装
銘菓なると金時 外装銘菓なると金時 中身全体銘菓なると金時 中身拡大

なると金時とは?

四国は徳島県の名産といえば、鳴門市の金時芋。

鳴門市は年間を通して降雨量が少なく、温暖な気候がつづきます。

日照時間が多く、湿度も高くないため、鳴門産の金時芋はよく育つとされているんですよ。

そんな鳴門市で収穫した金時芋を使用してつくられているのが、なると金時。

このお菓子を製造している菓舗仁木は、素材がもっている味をひきだすことを売りにしています。

実際、合成甘味料をつかっておらず、甘さは砂糖やオリゴ糖などで出しているんですよ。

また、黄色でかわいいパッケージにも注目です。

実はこのパッケージ、金時芋を輸送する箱のデザインにとてもよく似ているんですよ。

東日本の人からすると、まったく見たことがないデザインでしょう。

実は金時芋のほとんどは西日本で消費されてしまうので、東日本にはあまり流通しません。

黄色、赤、緑はまるでさつまいもを意識しているような色合いですよね。

黄色は芋の黄金色、赤色は皮、そして緑色は茎の表現でしょうか。

金時芋になじみがない地域では目新しく、現地の人には一目でわかるパッケージ。

見た目が鮮やかで、見ているだけで楽しめるおみやげですよ。

なると金時を食べた感想

包みをひらくと、こんがりと焼き上がった皮が目を引きます。

形がさつまいものようで、石焼き芋を思い出しますね。

食感はふっくらとしていて、やわらか。

小麦粉のやさしい香りが口にひろがります。

金時芋が練り込まれた餡はしっとりとしていて、素朴なあじわい。

なると金時を食べてみて驚きました。

甘さがしつこくありません。

原材料を見ると納得です!

沖縄県産の黒糖をつかっているんですね。

さとうきびを搾って、不純物を除いた黒糖。

カリウムが多いことから健康効果も期待されていますが、素朴な味が特徴的です。

徳島の金時芋と沖縄の黒糖がいい相性で、昔ながらのおいしさを楽しめますよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名仁木 なると金時
内容量5個入り10個入り
製造者株式会社 菓舗仁木
製造者住所徳島県鳴門市瀬戸町明神字下本城261
原材料小麦粉砂糖麦芽糖水飴鶏卵オリゴ糖、さつま芋(徳島県鳴門市産金時芋)、白こし餡、黒糖(沖縄県産)、生クリーム(乳成分を含む)、練乳/膨張剤
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限1ヶ月程度
保存方法高温多湿、直射日光を避け常温で保存して下さい。
箱の大きさ横 14cm × 奥行き 17cm × 高さ 4cm
名産地徳島県
販売場所徳島飛行場
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。