和菓子菜の花 小田原うさぎが買える場所はどこか・食べてみた口コミ

小田原うさぎ 外装写真
小田原うさぎ 外装写真小田原うさぎ 開封した写真
おみやの写真について

和菓子菜の花 小田原うさぎのデータ

商品名和菓子菜の花 小田原うさぎ
内容量5個入り10個入り
製造者株式会社 菜の花
製造者住所神奈川県小田原市南町1-5-22
賞味期限5日
保存方法直射日光を避け、涼しい所で保存して下さい。
箱の大きさ横 11cm × 奥行き 22.5cm × 高さ 9cm
名産地神奈川県箱根小田原
販売場所小田原駅箱根湯本駅西武小田原店箱根温泉街テラスモール湘南
※ 販売場所は公式サイト・現地で直接確認していますが、販売終了している場合もあります。
おみやげの種類どら焼き和菓子
価格帯2,000円以内3,000円以内

和菓子菜の花 小田原うさぎについて

和菓子菜の花は、神奈川県の小田原、箱根に支店を持つ和菓子屋さんです。

温泉まんじゅうとして親しまれている箱根のお月さま。や、ご黒うさん。など、人気商品が沢山ありますよ。

「小田原うさぎ」は、菜の花の本社がある小田原を名前にしたどらやきで、うさぎの焼き印が施してあります。

こちらの焼き印は、イラストレーターの黒田征太郎さんオリジナル。包装紙とともに、センスの良さが光りますね。

小田原うさぎのこだわりは、なんといっても餡、小豆にあります。

北海道十勝の特別栽培(減農薬)小豆をつくっている農家の人たちとの出会いから、つぶあんの美味しさが生かせるどらやきが作られました。

余談ですが、こちらの小豆農家の方々は、和菓子菜の花のオリジナルカレンダーの表紙を飾っているんです!
それくらい、信頼が厚いステキな間柄なのでしょう。

他にも群馬県産小麦粉、三重県ヤマギシの路地飼い玉子、蜂蜜は漢方に使われる花から採れた薬蜜を使い、さらにはとろける純バター入り…と厳選素材を使用しています。

小田原うさぎを食べてみた感想

かまぼこ型の箱に、ふっくらとしたどらやきがすっぽりと収まっています。
まさにどらやきのためにあるような箱ですね。

食べてみると、まずしっとりふんわりとした生地からほのかに蜂蜜が香ります。

そして餡は、小豆のどっしりとした「豆」という主張が感じられます。
なにより小豆の粒ひとつひとつが大きい!

餡の雑味はまったくなく、瑞々しく澄んだ水のように爽やか。
濃厚な小豆の風味ですが、後味はむしろすっきりとしています。

どらやきの中央に、驚くほど分厚いバターが1切れ入っているのですが、口溶けが良くまったくしつこく感じません。
バターの塩味がほどよく、バター好きにはたまらないと思いますよ。

おすすめの食べ方は、どらやきをトースターで1分ほどあぶる方法です。
表面はこんがり香ばしく、バターは少し柔らかくなり、よりバターと餡の美味しさが感じられますよ。

1個がずっしりとしてかなりのボリュームですが、つい2個、3個と食べたくなるどらやきです。

小田原うさぎの値段

  • 1個入り(バラ売り) 210円
  • 5個入り 1,150円
  • 10個入り 2,250円

小田原うさぎが購入できる場所

  • 夢屋・菜の花 ラスカ小田原店
  • 菜の花ビレッジ ハルネ小田原店
  • 和菓子・菜の花/菜の花ムーンカフェ
  • どらやき屋・菜の花
  • 和菓子菜の花 西武小田原店
  • 和菓子菜の花テラスモール湘南店
  • まんじゅう屋・菜の花
  • はこね和菓子・菜の花
  • 箱根・ルッカの森
  • 箱根縁結び福久や 九頭龍餅・ご黒うさん。