NANJO da BE 抹茶なんじょだべ

NANJO da BE 抹茶なんじょだべ外装
NANJO da BE 抹茶なんじょだべ外装NANJO da BE 抹茶なんじょだべ開封後NANJO da BE 抹茶なんじょだべ中身

NANJO da BE 抹茶なんじょだべとは

NANJO da BE 抹茶なんじょだべは、最中×クッキーを組み合わせた、新感覚の和風クッキー。
もともとあった「NANJO da BE なんじょだべ」というお菓子の抹茶バージョンです。

山形県南陽市にある萬菊屋が作り、清川屋が販売を手がけています。

材料には山形産のお米と、東北でとれるもち米「きぬこがね」を使用。
和菓子である最中と、洋菓子であるクッキーを組み合わせるという、職人技が光るお菓子です。

「なんじょだべ」ってどんな意味?

「なんじょだべ」は、山形県置賜地方の方言。

「いかがですか?」「どうですか?」という意味がありますよ。

お土産としてわたす際は、「このお菓子、なんじょだべ?」と使ってみてはいかがでしょうか。

清川屋について

鶴岡市にある1666年創業の老舗菓子店・清川屋。

元祖白山だだちゃまんじゅうだだっ子など、鶴岡特産のだだちゃ豆を使ったお菓子が有名です。

山形空港・庄内空港・山形駅などに店舗があるため、お土産として買いやすいのがうれしいですね。

NANJO da BE 抹茶なんじょだべの賞味期限は?

山形のゆきどけの賞味期限は、約60日間。

常温保存可能なので、手土産にも使いやすいですよ。

NANJO da BE 抹茶なんじょだべのパッケージについて

深緑色をベースに、最中クッキーが大きくプリントされています。

お菓子名がローマ字表記なので、いっそうオシャレさがプラスされますね。

箱入りなので割れにくく、持ち運びにも便利です。

NANJO da BE 抹茶なんじょだべを食べてみて

お菓子は直径6.5cmほどの円形。

裏面は最中皮で「萬菊屋」の文字入り、表面はほんのり緑色をしたクッキーになっています。
生地をそのまま絞って焼いたような、手づくり感が伝わってきますね。

一般的な最中とはちがい、最中皮のサクサクとした歯ごたえがそのまま残っているのが特徴。

クッキーも軽い食感で、はじめはバターが香り、噛んでいるうちに抹茶風味が出てきます。

後味にやや苦味があるものの、バターのおかげでまろやかな味わいですね。
抹茶味なのに洋菓子を食べているような、不思議な気分になります。

お茶よりも、コーヒーや紅茶によく合う味わい。
どちらかというと子ども向けというよりは、大人向けのお菓子ですね。

NANJO da BE 抹茶なんじょだべの値段

  • 8枚入り:1,290円

NANJO da BE 抹茶なんじょだべが買える場所・通販について

なお、通販での取扱いはありませんでした。

OMIYA!で紹介している清川屋のお菓子一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名NANJO da BE 抹茶なんじょだべ
内容量8個入り
販売者株式会社清川屋
販売者住所山形県鶴岡市宝田1-4-25
製造者株式会社萬菊屋
製造者住所山形県南陽市若狭郷屋728-1
原材料鶏卵アーモンドもち粉バターマーガリン砂糖米粉抹茶乳化剤香料酸化防止剤(V.E)着色料(カロチン)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限60日間
保存方法直射日光・高温を避けて常温保存
箱の大きさ横 11cm × 奥行き 28cm × 高さ 6.5cm
名産地山形県鶴岡
販売場所山形空港庄内空港山形駅
おみやげの種類クッキー
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。