中浦屋 柚子羊羹

中浦屋 柚子羊羹 外装
中浦屋 柚子羊羹 外装中浦屋 柚子羊羹 開封した写真中浦屋 柚子羊羹 中身の写真

中浦屋 柚子羊羹とは?

明治43年創業の石川県・輪島の老舗和菓子店・中浦屋。

中浦屋は柚子を使った数多くのお菓子を手がける専門店で、とくに柚子をまるごと使った「丸柚餅子(まるゆべし)」は有名です。

今回ご紹介するのは、柚子を使った羊羹「柚子羊羹」。

柚子入りの黒い羊羹の中には大粒の大納言が散りばめられています。

大納言といえば高級な小豆の品種として有名ですね。大粒の小豆は味だけでなく食感もすばらしい!

「柚子羊羹」は「きんつば風に仕上げた柚子風味の羊羹」です。大きな小豆がごろごろと入っているからでしょうか。

一本をお好きな大きさに切り分けて食べてくださいね。1本約290gです。

  • 1本:1,296円
  • 2本(箱入り):2,862円
  • 3本(箱入り):4,212円
  • 4本(箱入り):5,562円
  • 5本(箱入り):6,912円

中浦屋 柚子羊羹を食べた感想

箱を開けるとアルミ箔で包まれた羊羹が一本。

包丁を使って好きな大きさにカットします。包丁の一番先の部分を当てると切りやすいですよ。

カットした羊羹を横から指で押してあげると、簡単にアルミ箔から取り出せます。

「柚子羊羹」は深いあずき色。
とは言っても均一な色ではありません。

よく見ると中心に向うほどに深い色になっていっています。このグラデーションも美しいですね。

そして羊羹の艶。
艶のある羊羹は見るからに美味しそうです。

注目してほしいのは羊羹の断面です。
大きな大納言小豆がごろごろと入っていますよ。

これが「きんつば風」ということなんですね。たしかにきんつばの断面のようにも見えます。

羊羹はしっかりとしたほどよく固い食感です。
口の中に柚子のさわやかな香りが広がります。

そして大粒の大納言もおいしいです。
ごろごろとした食感がたまりません。

柚子と小豆。この二つの味を楽しめるおいしい羊羹です。

中浦屋 柚子羊羹が買える場所

中浦屋 柚子羊羹は、中浦屋の各店舗オンラインショップで購入できます。

OMIYA!で紹介している中浦屋のお菓子一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名中浦屋 柚子羊羹
内容量1個入り2個入り3個入り4個入り5個入り
製造者(株)柚餅子総本家中浦屋 A
製造者住所石川県輪島市河井町4-97
原材料砂糖小豆精製マルトース大納言小豆柚子寒天
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限180日
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存
箱の大きさ横 6.7(1本)cm × 奥行き 19.5(1本)cm × 高さ 2.5(1本)cm
名産地石川県輪島
おみやげの種類羊羹・水羊羹
価格帯2,000円以内3,000円以内5,000円以内5,000円超

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。