名古屋喫茶店物語

名古屋喫茶店物語 外装写真
名古屋喫茶店物語 外装写真名古屋喫茶店物語 中身(全体)の写真名古屋喫茶店物語 中身(拡大)の写真

名古屋喫茶店物語とは

1963年に自家焙煎珈琲専門店として創業し、50年以上に渡り名古屋市民に愛され続けているカフェタナカ。

名古屋喫茶店物語は、そのカフェタナカの朝の定番メニューである「自家焙煎コーヒー」と「バタートースト」をイメージし、女性シェフパティシエの田中千尋氏が考案したラスクです。

お味は、カフェタナカ自慢の香り豊かなコーヒーを練り込んだ「自家焙煎コーヒーラスク」と、フランス・ゲラント産の天然塩をほのかに効かせた「塩バタートーストラスク」の2種類。

それぞれ個包装になっており、各5枚、計10枚が1箱に入っています。パッケージには高級感のある金色の文字と金のシャチホコのイラスト。軽く、賞味期限も長いので、会社や学校に持っていくのにぴったりです。

独特の喫茶文化・モーニング文化を連想させる、名古屋らしいお土産だと言えるでしょう。

名古屋喫茶店物語を食べた感想

名古屋喫茶店物語には「自家焙煎コーヒーラスク」と「塩バタートーストラスク」の2種類が入っており、両方を食べる楽しみがあります。

フランスパンを(バゲット)をスライスして作るラスクなので1枚ずつ大きさにはバラつきがありますが、だいたいの大きさは長辺が7~8cm、短辺が5~6cm、厚みが1cmほどです。

「自家焙煎コーヒーラスク」は、チョコレートラスクのように見えるのですが、齧ってみるとほろ苦いコーヒーの風味が口の中に広がります。ラスクの中に小さなコーヒーの粒のようなものが入っており、それが歯に当たるとコーヒーの味が際立ちます。

表面にはグラニュー糖がまぶされており、コーヒーラスクのほろ苦さと砂糖の甘さがほどよいバランス。

「塩バタートーストラスク」は、最初に芳醇なバターの風味を感じ、齧ると後から塩みがやってきます。表面のグラニュー糖のおかげで甘さも感じるのですが、ただ甘いだけでなく、キリッと塩が効いていて、大人も子供もおいしくいただける味だと感じました。

どちらもサクサクとした軽い歯触りと食感が楽しめ、コーヒーや紅茶といっしょにいただくのがおすすめです。

名古屋喫茶店物語を買える場所

名古屋喫茶店物語は、名古屋駅のキオスク、名古屋市北区上飯田のカフェタナカ本店、ジェイアール名古屋タカシマヤ店(B1F)、大丸松坂屋名古屋店(本館B1F)などで購入可能です。

また、カフェタナカ オンラインブティックでお取り寄せもできます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名名古屋喫茶店物語
内容量10個入り
製造者株式会社タナカ
製造者住所名古屋市北区上飯田西町2-11-2
原材料小麦粉、バター、グラニュー糖、乳等を主原料とする食品、コーヒー粉末、食塩、イースト、イーストフード、乳化剤(大豆由来)、増粘剤(グァーガム)、香料、酸化防止剤(ビタミンC)、着色料(カロテン)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限60日
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存
箱の大きさ横 10.0cm × 奥行き 20.8cm × 高さ 7.0cm
名産地愛知県
販売場所名古屋駅松坂屋名古屋店ジェイアール名古屋タカシマヤ
おみやげの種類ラスク焼き菓子
価格帯2,000円以内