なごみの米屋 ぴーなっつ饅頭

なごみの米屋 ぴーなっつ饅頭 外装
なごみの米屋 ぴーなっつ饅頭 外装なごみの米屋 ぴーなっつ饅頭 開封した写真なごみの米屋 ぴーなっつ饅頭 中身の写真

なごみの米屋 ぴーなっつ饅頭について

なごみの米屋は、千葉県成田市にある和菓子屋さん。明治32年創業という、長い歴史を持つお店でもあります。

千葉といえば落花生を使ったお菓子が名物。なごみの米屋でも、種類豊富なピーナッツ菓子を取り扱っています。

特に、ぴーなっつ最中がお店を代表するお菓子として有名ですよ。

今回ご紹介するのは、なごみの米屋が手がける「ぴーなっつ饅頭」。

ぴーなっつの甘煮を練り込んだ餡を、しっとりと包み込んで焼き上げたお饅頭です。

見た目も落花生そのものなお饅頭になっていますよ。

ぴーなっつ饅頭は、ひとつずつ個包装されているので、おみやげとして配りやすいのが嬉しいですね。

ひとつずつの袋には、顔と手足が描かれており、まるで今にもぴーなっつが動き出しそうな雰囲気!眺めているだけでも楽しいお菓子です。

同シリーズの、ぴーなっつ最中ぴーなっつパイとセットで購入するのもおすすめですよ。

なごみの米屋 ぴーなっつ饅頭を食べた感想

今回購入したのは、ぴーなっつ饅頭が6個入ったもの。

箱を開けると、ぴーなっつ饅頭が仲良く整列するかのように並んでいます。

顔と手足が描かれているパッケージは、愛嬌があって可愛らしいですね。

同シリーズのぴーなっつ最中やぴーなっつパイの袋とは、微妙にイラストが異なるのも魅力的です。

開封してみると、ふわっと落花生の香りが漂ってきました。

なごみの米屋 ぴーなっつ饅頭 中身の写真(断面)

お饅頭の餡はベースが白餡なので、全体的にあっさりした甘さに仕上がっていますよ。

落花生の風味を感じつつも、さほど主張が強くないので食べやすかったです。

普通の白餡のお饅頭よりも、コクのある味わいといった感じですね。

甘露煮された落花生の実が入っているので、食べ応えのあるお饅頭です。

同シリーズのお菓子の中では、一番万人受けしそうな味と食感だなという印象を受けました。

他のお菓子を食べてみた感想も、参考にしてみてくださいね。

参考:ぴーなっつ最中の記事についてはこちら
参考:ぴーなっつパイの記事についてはこちら

なごみの米屋 ぴーなっつ饅頭の価格

  • 1個入り 100円
  • 6個入り 700円

なごみの米屋 ぴーなっつ饅頭を買える場所

なごみの米屋オンラインショップで購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名なごみの米屋 ぴーなっつ饅頭
内容量1個入り6個入り
製造者米屋株式会社
製造者住所千葉県成田市上町500番地
原材料白いんげん豆砂糖小麦粉、落花生甘露煮、還元水飴加糖練乳鶏卵バター乳等を主要原料とする食品、落花生ペースト、蜂蜜寒天トレハロース膨張剤香料着色料(ビタミンB2)(原材料の一部に大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限3週間ほど
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
箱の大きさ横 14.0cm × 奥行き 19.6cm × 高さ 5.1cm
名産地千葉県
おみやげの種類饅頭和菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。