なごみの米屋 御題羊羹 語(かたる)

評価★★★★★4
クチコミ1
なごみの米屋 御題羊羹語 外装
なごみの米屋 御題羊羹語 外装なごみの米屋 御題羊羹語 開封した写真なごみの米屋 御題羊羹語 中身の写真

なごみの米屋 御題羊羹 語について

なごみの米屋は、千葉県成田市にある和菓子屋さん。明治32年創業という、長い歴史を持つお店でもあります。

千葉といえば落花生を使ったお菓子が名物。なごみの米屋でも、種類豊富なピーナッツ菓子を取り扱っています。

特に、ぴーなっつ最中がお店を代表するお菓子として有名ですよ。

今回ご紹介するのは、なごみの米屋が手がける「御題羊羹 語」。

物語の起承転結を4層の羊羹で表現した、幻想的な羊羹です。

一番上は銀粉を散らした青色の錦玉羹となっており、この錦玉羹を通すことでより煌めく色彩の世界を楽しむことができます。

見た目も美しい羊羹は、贈り物にぴったり!和菓子の持つ美しさを心ゆくまで堪能できる羊羹となっています。

大切な方への贈り物として、または自分へのご褒美として、特別な日に贈りたくなるお菓子ですね。

こちらは1月3日までの限定販売となっています。

なごみの米屋 御題羊羹 語を食べた感想

御題羊羹 語は、箱の中に1本入り。自分の好きな大きさに切り分けて、食べることができます。

虹色を表現したパッケージが、従来の羊羹に対するイメージとは正反対で面白いですね。

箱から出すと、4層からなる羊羹の色合いの美しさに見惚れてしまうほど。

なごみの米屋 御題羊羹語 ななめから見た写真

上から見ても、横から見ても、どの角度から見ても美しい羊羹です。食べる前に、ぜひ全部の角度から羊羹を眺めてみてください。

一番上の錦玉羹を通すと、それぞれの色彩がより輝いて見えるのも特徴的。

光の加減でも魅せ方が変わるので、いつまでも眺めていたくなるほどです。

羊羹は柔らかすぎず、硬すぎず、ちょうど良い食感。なめらかな羊羹と、ぷるんっとした錦玉羹の豊かな舌触りが楽しめます。

美しい見た目だけでなく、ほど良い甘さを携えた羊羹ですよ。

何度でも繰り返し味わいたくなる羊羹は、さながら一つの『物語』のようでもありますね。

名前の由来を『見た目で語り、味で語る』、そんなメッセージ性を感じる羊羹でした。

なごみの米屋 御題羊羹 語の価格

  • 1個入り 1,000円

なごみの米屋 御題羊羹 語を買える場所

  • なごみの米屋 總本店
  • なごみの米屋 飯田町店
  • なごみの米屋 勝田台店
  • なごみの米屋 八千代緑が丘店
  • なごみの米屋 若松町店
  • なごみの米屋 おゆみ野店
  • なごみの米屋 富里店
  • なごみの米屋 うすい店
  • なごみの米屋 しいの木台店
  • なごみの米屋 桜台店
  • なごみの米屋 柏大山台店
  • なごみの米屋 柏光ヶ丘店
  • なごみの米屋 JR成田駅前店
  • そごう千葉店
  • 東武百貨店船橋店

ほか、なごみの米屋オンラインショップでも購入できます。(店舗によっては売り切れてしまうこともあるので、オンラインがおすすめです。)

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名なごみの米屋 御題羊羹 語(かたる)
内容量1個入り
製造者米屋株式会社
製造者住所千葉県成田市上町500番地
原材料砂糖白餡寒天もち粉澱粉、着色料(黄4、銀箔、青1、赤105、赤3)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限20日間ほど
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
箱の大きさ横 5.5cm × 奥行き 12.5cm × 高さ 4.0cm
名産地千葉県
販売場所JR成田駅そごう千葉店東武百貨店船橋店
おみやげの種類和菓子羊羹・水羊羹
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。