なごみの米屋 干支羊羹 戊戌(つちのえいぬ)

なごみの米屋 干支羊羹戌 外装
なごみの米屋 干支羊羹戌 外装なごみの米屋 干支羊羹戌 開封した写真なごみの米屋 干支羊羹戌 中身の写真

なごみの米屋 干支羊羹 戊戌について

なごみの米屋は、千葉県成田市にある和菓子屋さん。明治32年創業という、長い歴史を持つお店でもあります。

千葉といえば落花生を使ったお菓子が名物。なごみの米屋でも、種類豊富なピーナッツ菓子を取り扱っています。

特に、ぴーなっつ最中がお店を代表するお菓子として有名ですよ。

今回ご紹介するのは、なごみの米屋が手がける「干支羊羹 戊戌(つちのえいぬ)」。

小倉羊羹は大地、緑色の羊羹は野原をイメージして作られているとか。

そこへ、新年のお祝いにふさわしいピンク色をあしらった見た目も鮮やかな羊羹です。

犬の形をした羊羹は、戌年を祝うのにぴったり!新年のご挨拶や、お年賀として贈るのも良さそうですね。

こちらは1月3日までの限定販売となっています。

なごみの米屋 干支羊羹 戊戌を食べた感想

干支羊羹は、箱の中に1本入り。自分の好きな大きさに切り分けて、食べることができます。

パッケージに描かれた犬のイラストが、なんとも可愛らしいですね。

色味もあいまって、どこかポップな印象を与える羊羹となっています。

箱から出すと、3層からなる羊羹の色合いがあまりにも美しくて見惚れるほど。

羊羹の中心には、白い羊羹で犬の形がかたどってあります。どこを切っても、犬と3層の羊羹が現れる仕様になっていますよ。

羊羹は柔らかすぎず、硬すぎずにちょうどよい食感。上層はなめらかな舌触りの羊羹、下層は小豆の食感が残る羊羹となっています。

見た目が美しいだけでなく、食感の違いも楽しめる羊羹ですね。

新年のお祝いの席に、ぜひ加えたい一品です。

なごみの米屋 干支羊羹 戊戌の価格

  • 1個入り 1,000円

なごみの米屋 干支羊羹 戊戌を買える場所

  • なごみの米屋 總本店
  • なごみの米屋 飯田町店
  • なごみの米屋 勝田台店
  • なごみの米屋 八千代緑が丘店
  • なごみの米屋 若松町店
  • なごみの米屋 おゆみ野店
  • なごみの米屋 富里店
  • なごみの米屋 うすい店
  • なごみの米屋 しいの木台店
  • なごみの米屋 桜台店
  • なごみの米屋 柏大山台店
  • なごみの米屋 柏光ヶ丘店
  • なごみの米屋 JR成田駅前店
  • そごう千葉店
  • 東武百貨店船橋店

ほか、なごみの米屋オンラインショップでも購入できます。(店舗によっては売り切れてしまうので、オンラインショップがおすすめ。)

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名なごみの米屋 干支羊羹 戊戌(つちのえいぬ)
内容量1個入り
製造者米屋株式会社
製造者住所千葉県成田市上町500番地
原材料砂糖白餡、小豆甘煮、小豆寒天炭酸Ca、着色料(黄4、青1、赤105、赤3)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限20日間ほど
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
箱の大きさ横 6.0cm × 奥行き 12.4cm × 高さ 4.5cm
名産地千葉県
販売場所JR成田駅そごう千葉店東武百貨店船橋店
おみやげの種類和菓子羊羹・水羊羹
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。