長島温泉 栗金鍔(くりきんつば)

長島温泉栗金鍔の外箱写真
長島温泉栗金鍔の外箱写真長島温泉栗金鍔の中身の写真長島温泉栗金鍔を開封した写真

長島温泉 栗金鍔(くりきんつば)について

「栗金鍔(くりきんつば)」は、三重県にあるレジャー施設「ナガシマスパーランド」で購入したお菓子です。

京都発祥の和菓子が4個入った、食べきりやすいサイズ。賞味期限は2カ月程あるので贈りやすいお土産ですよ。

金鍔(きんつば)とは?

金鍔(きんつば)は、江戸時代中期に京都で考案された和菓子。

四角形に固めたつぶ餡に、小麦粉を用いた生地を付けて鉄板で焼いて作るため、表面が白くコーティングされているのが特徴です。

長島温泉栗金鍔の包み紙を外した写真

もともとは、金鍔は銀鍔(ぎんつば)と呼ばれていたお菓子。京都から江戸に広がる頃、”ぎんよりきんの方が景気が良い”という理由から金鍔に変わりました。

ちなみに、今回紹介するお菓子は、つぶ餡の中に栗が練り込まれているため栗金鍔(くりきんつば)となっています。

長島温泉 栗金鍔(くりきんつば)の販売価格・賞味期限

販売価格は590円(税込)。4個入りなので、1個あたり148円です。

賞味期限は、購入時で約2カ月ありました。

長島温泉栗金鍔の裏面表示の写真

長島温泉 栗金鍔(くりきんつば)のパッケージ・中身

ミニサイズのパッケージには4個の栗金鍔が入っています。

栗金鍔1個は5cm×5cm、厚みが2cm。包み紙には「長島温泉 金鍔」の文字が入っていますよ。

表面は白い皮。中には、たっぷりのつぶ餡、刻まれた栗も確認できます。

長島温泉栗金鍔のアップ写真

長島温泉 栗金鍔(くりきんつば)を食べてみた感想

つぶ餡と栗は存在感のある食感。外側の生地は程よい弾力で、食べ応えがあります。

つぶ餡は寒天で固められているため、サクッとした舌触り。

たっぷりのつぶ餡ですが、甘さは控えめなのでとても食べやすいですね。

口残りがあっさりしているので、2個目・3個目にも手が伸びてしまいます。

食べやすい和菓子なので、お土産に最適です。

ちょっとだけ温めると美味しさ倍増!

そのままを食べてももちろん美味しい栗金鍔ですが、レンジで少しだけ温めると更に美味しいですよ。

包み紙を外して栗金鍔だけを10~15秒ほどレンジで温めます。

ほんのり温めると甘みが増して、作りたての温かい味に少しだけ近づく…そんな気持ちなれる食べ方です。

ちなみに、温め時間は電子レンジによって異なるため、状況をチェックしながら温めましょう。

長島温泉 栗金鍔(くりきんつば)が購入できる場所

今回は、長島温泉 栗金鍔(くりきんつば) を三重県にあるナガシマスパーランドで購入しました。

長島温泉・ナガシマスパーランドのみで購入できる限定販売商品です。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名長島温泉 栗金鍔(くりきんつば)
内容量4個入り
販売者(株)三重だいいち HSK
販売者住所三重県四日市市稲葉町1番13号
原材料加糖小豆(砂糖、小豆)栗甘露煮砂糖小麦粉寒天白玉粉卵白マーガリンpH調整剤着色料(くちなし)(原材料の一部に大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限購入時で約2カ月
保存方法直射日光・高温・多湿の場所を避けて下さい。
箱の大きさ横 12.5cm × 奥行き 13cm × 高さ 4.5cm
名産地三重県
販売場所ナガシマスパーランド
おみやげの種類きんつば和菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。