天任堂 結びゆべし

天任堂 結びゆべし 外装
天任堂 結びゆべし 外装天任堂 結びゆべし 開封天任堂 結びゆべし 中身

結びゆべしについて

結びゆべしは、岡山県高梁市中心部にある和菓子店の天任堂(てんにんどう)が製造・販売しています。

高梁中心部は、かつて備中松山藩の拠点だった備中松山城の城下町でした。

江戸時代初期に小堀遠州が備中松山城主となり、城下の拡大・整備とともに茶の湯文化が定着しました。

その後、1700年代に備中松山藩の6代目藩主・板倉勝職(いたくら かつつね)に、天任堂創業者により地元の名産だったユズを使った餅菓子が献上されます。

これが高梁のゆべしの始まりで、以降ゆべしは高梁の郷土菓子となりました。

天任堂は、江戸時代から現代までゆべしをつくり続ける老舗です。

いまでは、複数の店がゆべしを製造。

また、いろんな種類のゆべしがつくられるようになりました。

天任堂の結びゆべしは、数種類あるゆべしのひとつです。

「縁結び」に由来しており、良縁を記念して生まれたそうですよ。

使用されているユズは現在でも地元の契約農家より仕入れた、吉備高原産のもの。

もち米や砂糖、水飴、細切れのユズの皮をいっしょに煮詰め、できあがったものを乾燥させ、表面に砂糖をまぶしすことで、ゆべしの生地が出来あがります。

ゆべしの生地自体は、包みゆべしと同じもので、切り分けて細長い紐状にし結びます。

大きさは横約3.5cm、縦約2.5cm、厚さ約2cmで生地は白っぽく薄い黄色です。

ところどころにゆずの皮の小さな欠片が見え、表面には砂糖がまぶされています。なお添加物は不使用です。

結びゆべしをほどくと、長さ約12cm、幅約1cm、縦約0.5cmのうどんのような形でした。

結びゆべしを食べた感想

包みゆべしと同じように食感は柔らかく、モチモチで弾力があります。

一口で食べられるサイズなので食べやすいです。

結んであるため厚みがあり、包みゆべしよりもより弾力を楽しめるようになっています。

噛みしめるたびに、ゆずの爽やかな風味と砂糖の甘さが口の中に広がりました。

結びゆべしの購入について

包みゆべしは、高梁市中心部にある天任堂の店舗で購入可能です。

ほかにも総社市のショッピングセンターであるリブ21の土産菓子コーナーなど、商業施設でも販売しているところがあります。

また、天任堂のオンラインショップで取り寄せることも可能。

入数・価格は以下を参照してください。

24個入648円 (税込)
40個入1,080円 (税込)

OMIYA!で紹介している天任堂のお菓子一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名天任堂 結びゆべし
内容量24個入り40個入り
製造者天任堂
製造者住所岡山県高梁市東町1877
原材料砂糖水飴国産もち米、ゆずの皮(吉備高原産)、オリゴ糖
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限10日
保存方法直射日光、多湿、乾燥を避けて保存
箱の大きさ横 16.5 23.7 2.5cm × 奥行き 23.7cm × 高さ 2.5cm
名産地岡山県高梁
おみやげの種類ゆべし
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。