村岡屋 苺羊羹

村岡屋苺羊羹 外装
村岡屋苺羊羹 外装村岡屋苺羊羹 開封写真村岡屋苺羊羹 中身写真

村岡屋 苺羊羹について

昭和3年(1928年)に村岡羊羹店としてスタートした佐賀県の「村岡屋」が手がける羊羹です。

冬・春の期間限定として販売されており、食べられるのは2月1日~3月下旬までというレアな一品。

羊羹とこの季節ならではの苺を組み合わせた、フルーティな味わいを楽しめますよ。

棹物ですが小ぶりサイズのため、お土産としてもらっても十分食べきれるでしょう。

「ちょっと大きすぎるかな?」と心配することなく、お土産に渡せるのが嬉しいところ。サイズは写真の200gのみとなっています。

村岡屋 苺羊羹を食べた感想

羊羹といえば小豆や抹茶を見かけることが多いだけに、苺羊羹はとても珍しいですね。

イチゴと羊羹の組み合わせは一体どんなテイストなのか、開封する前からすごく気になりました。けっこうドキドキしながらの試食タイム。

開けるとイチゴのいい香りがふわっと漂います。

小豆のような色をしていますが、小豆は使われていません(白いんげん豆使用)。 ジャムをつくるために煮込んだときのイチゴのような色合いですね。

想像以上にイチゴの味わいがしっかりと出ています。フルーティな羊羹といったテイストで食べていてとてもさわやか。

イチゴの種のプチプチがアクセントになっていて楽しい~。もったりした感じもなく、後味もすっきりしています。

季節を感じられる羊羹で好印象。冬・春の手土産・お土産として重宝しそうです!

村岡屋 苺羊羹の価格、カロリー

  • 価格:540円(税込み)
  • カロリー:273カロリー

村岡屋 苺羊羹が買える場所

OMIYA!で紹介している村岡屋のお菓子一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名村岡屋 苺羊羹
内容量101〜200g
製造者(株)村岡屋
製造者住所佐賀市鍋島町大字森田911番地
原材料砂糖白生餡(白いんげん豆)、苺ピューレ(苺、砂糖)、水飴、苺加工品(苺、砂糖)、寒天洋酒酸味料(クエン酸)着色料(赤102)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限およそ1か月間
保存方法直射日光・高温多湿を避けて常温で保存して下さい。
箱の大きさ横 5cm × 奥行き 9cm × 高さ 4cm
名産地佐賀県佐賀
おみやげの種類和菓子羊羹・水羊羹
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。