むかし吉備団子

評価★★★★★5
クチコミ1
廣榮堂 むかし吉備団子 外装
廣榮堂 むかし吉備団子 外装廣榮堂 むかし吉備団子 開封した写真廣榮堂 むかし吉備団子 中身の写真

むかし吉備団子とは?

安政3年(1856年)創業の廣榮堂が手がける、昔ながらの製法にこだわって作られたきびだんごです。昭和52年から発売されています。

「むかし吉備団子」の最大の特徴は原料となるもち米。「政所(まどころ)もち」の産地として知られていた岡山市髙松農協(現JA岡山髙松支所)とタイアップして、特別栽培で作られているんです。

  • 害虫などの被害や病気が発生した場合には、手作業で対応。
  • 肥料は堆肥や天然物に限る

このように、とても手間をかけてつくられるもち米は普通のもち米の何倍もの手間がかかるのだそう。

病害虫との闘いに費やした時間はなんと30年!
これだけの時間と労力を費やして、困難を克服したというから驚きです。

この特別なもち米を一晩水でねかせてから石臼で挽いて「むかし吉備団子」は作られています。
まさに、廣榮堂の特別な思いが詰まったきびだんごですね。

ラインナップは4種類。
木箱、巾着袋が用意されています。

木箱には秋田杉を使っているのもこだわりです(15個入りは除く)。

商品名価格
15個入り(木箱)897円(税込)
20個入り(巾着袋)1,188円(税込)
24個入り(木箱(秋田杉))1,944円(税込)
35個入り(木箱(秋田杉))2,700円(税込)

むかし吉備団子を食べた感想

高級感のある箱の中には、丸くてうっすら黄色がかったきびだんごがきれいに並べられています。
箱のふたを開けた瞬間、きびだんご特有のいい香りが。

これまで色んなきびだんごを食べてきましたが、「むかし吉備団子」は特に上品な印象を持ちました。

「むかし吉備団子」はとても繊細。手で触ってみるととても柔らかくて、おいしそう。

もっちりとした食感のきびだんごは、しっかりと弾力があって食べ応えがあります。素朴だけど無駄のない洗練された味わいです。

上品な甘さでとてもおいしい!ついつい手が伸びてあっという間に食べてしまいました。

むかし吉備団子が買える場所

むかし吉備団子は、廣榮堂の各店舗廣榮堂 インターネット店で購入することができます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名むかし吉備団子
内容量15個入り20個入り24個入り35個入り
製造者株式会社 廣榮堂
製造者住所岡山市中区藤原60
原材料砂糖もち米(国産)麦芽糖還元水飴きび粉水飴小麦粉上用粉(国産)トレハロース
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限7日
保存方法直射日光を避け常温で保存してください。
箱の大きさ横 11.8(15個入り)cm × 奥行き 19.5(15個入り)cm × 高さ 3.3(15個入り)cm
名産地岡山県
販売場所福山駅岡山駅髙島屋岡山店天満屋岡山店
おみやげの種類お団子和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。