森のおはぎ詰合せ(大納言・落花生・抹茶きなこ・焼栗)

森のおはぎ詰合せ(大納言・落花生・抹茶きなこ・焼栗) 外装
森のおはぎ詰合せ(大納言・落花生・抹茶きなこ・焼栗) 外装森のおはぎ詰合せ(大納言・落花生・抹茶きなこ・焼栗) 開封森のおはぎ詰合せ(大納言・落花生・抹茶きなこ・焼栗) 中身
OMIYA!の写真について

おみやげのデータ

商品名森のおはぎ詰合せ(大納言・落花生・抹茶きなこ・焼栗)
内容量4個入り
製造者株式会社 森の暮らし計画室
製造者住所大阪府豊中市中桜塚2-25-10
原材料もち米(国産)、砂糖、小豆、栗ペースト、水あめ、手亡いんげん、大納言小豆、雑穀(もち麦、もち玄米、はだか麦)、渋川栗蜜煮、粉落花生、黒米、塩、うぐいすきなこ、八割落花生、抹茶、加工寒天(麦芽糖、寒天)、(一部に落花生、大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限購入日の翌日
保存方法直射日光、高温多湿を避け涼しい所で保管して下さい
箱の大きさ横 12.3cm × 奥行き 12.3cm × 高さ 4.7cm
名産地大阪府豊中
販売場所千里阪急阪急うめだ本店阪神梅田本店高島屋大阪店
おみやげの種類和生菓子
価格帯1,000円以内

森のおはぎ詰合せ(大納言・落花生・抹茶きなこ・焼栗)について

「森のおはぎ」は2010年、大阪府豊中市の下町風情漂う岡町にオープンしたおはぎのお店。

店主の森百合子さんは、テキスタイルデザイナーからおはぎ屋さんの店主へと転身された、異色の経歴の持ち主。

元テキスタイルデザイナーということで、おはぎはもとよりお店の空間づくりや、ショップカードにいたるまで、素敵だなと思えるデザインが随所にちりばめられています。

そんな森さんの作るおはぎは、それぞれの素材の味が生きるよう、素材によってもち米を変えたり、砂糖や塩の加減を変えたり、餡に使われる小豆の種類や炊き方まで変えるこだわりよう。

おはぎひとつひとつに手間暇をかけていることが、見た目の美しさだけでなく、その美味しさからも伝わってきますよ。

2014年には大阪キタを代表する飲食店街・北新地の一角に、姉妹店「森乃お菓子」をオープン。

「森のおはぎ」本店では、おはぎを1個から注文可能ですが、北新地店「森乃お菓子」では、定番と季節のおはぎを4個セットで詰合されたものが、2種類販売されていました。

今回紹介する「森のおはぎ詰合せ」は、北新地店「森乃お菓子」で販売されているセット商品。

セット内容は「大納言雑穀もち」・「落花生雑穀もち」・「抹茶きなこ雑穀もち」・「焼栗黒米もち」の4個入りで690円(税込)です。

※価格はその時期のセット内容により異なります。

※消費期限に関してですが、岡町本店で購入した場合は当日中、北新地店で購入した場合は翌日中となっていました。(北新地店は16:30開店で製造時間にズレがあるためとのこと。)

ちなみに、OMIYA!では、森のおはぎさんへのインタビュー記事も公開しています。
おいしさの秘密など、森のおはぎについて詳しく知りたい方は、そちらも参考にしてみてくださいね。

参考:豊中・岡町「森のおはぎ」インタビュー記事

森のおはぎ詰合せ(大納言・落花生・抹茶きなこ・焼栗)を食べた感想

まるで手まり寿司のような愛らしさのある、直径4.5cmほどのおはぎ。

女性でも二口、三口で食べられる大きさです。

今回購入した森のおはぎ詰合せ4種の味を、その断面とともに一つずつ紹介していきますね。

大納言雑穀もち

大納言雑穀もち 断面

北海道産の大納言小豆を使用して炊きあげられたつぶあんは、ほっくりとしていて優しい甘みとほどよい塩気が感じられます。

あんの下に隠れた雑穀入りのもち米は、とても柔らかく炊かれており、もっちり感と時おり雑穀のプチプチ感も楽しめますよ。

おはぎの定番とも言えるあんこともち米の組み合せですが、森のおはぎの「大納言雑穀もち」は、定番にひと工夫加えられていることで、より素材の味が生かされているように感じました。

落花生雑穀もち

落花生雑穀もち 断面

粗く刻まれた落花生は、シャクシャクとした食感がアクセントになり、細かくパウダー状にまぶされた落花生は、おはぎに風味とコクを与えてくれています。

落花生の食感と風味、もち米の塩加減、少し甘めに炊かれたつぶあん、その取り合わせ一つ一つが絶妙でしたよ。

「落花生雑穀もち」、個人的にこれはちょっとやみつきになりそうです。

抹茶きなこ雑穀もち

抹茶きなこ雑穀もち 断面

見た目はまるで美しい苔玉のようなおはぎ。

濃厚な抹茶のほろ苦さに、風味豊かなきなこがプラスされ、少し大人な味わいです。

粘り気のあるもち米に包まれたつぶあんは、やや甘めに炊かれ、抹茶のほろ苦さとあんこの甘さが口の中でうまく調和されていきました。

あとを追うように抹茶の余韻も楽しめますよ。

焼栗黒米もち

焼栗黒米もち 断面

名前だけ見て一瞬、中に焼栗が入っているのかなと思ったのですが、そういうわけではなく、もち米を包むあんに栗が混ぜられていました。

繊細な栗の香りも楽しめる、秋冬の季節限定おはぎです。

もっちりと炊きあげられた黒米もちの塩加減と、栗の食感が残るあんの上品な甘さが絶妙でしたよ。

すべて食べてみての感想は、全体的に甘さは控えめで、ほどよい塩気があとを引く美味しさでした。

甘いものが苦手な方や、お酒を飲んだあとでも、これならペロッと食べられます。

飲み屋街で有名な北新地に姉妹店を構え、行列ができるほど成功している理由もわかる気がしましたよ。

お店の情報と百貨店での定期販売について

開店時間ですが、森のおはぎ岡町本店は10:00~と14:00~、北新地店は16:30~となっています。

どちらのお店も売切れ次第終了とのことでした。

ただし、実はどちらのお店も前日までに電話連絡をしておけば、お取り置きすることも可能なんです。

食べてみたいけれど、岡町本店や北新地店にはなかなか足を運ぶ機会がないといった場合でも、関西の一部百貨店では定期販売や特別販売が行われています。

<定期販売>

第一土曜日 阪神百貨店梅田本店 お昼頃~

第三土曜日 阪急百貨店梅田本店 お昼頃~

第四土曜日 難波髙島屋 お昼頃~

第一・三水曜日 千里阪急百貨店 お昼頃~

出典:森のおはぎ公式HP

特別販売に関しては、場所や日時が森のおはぎ公式HPでその都度更新されているので、気になる方はチェックしてみてください。