都堂 どて栗

どて栗 外装
どて栗 外装どて栗 開封どて栗 くろあん

都堂 どて栗とは

都堂は東寺の近くにある、大正3年から続く和菓子屋さん。
季節の生菓子や夏にはかき氷など、地元の方に愛されるどこか懐しさを感じられるお店です。

今回ご紹介するどて栗は都堂の銘菓。
小豆あんと白あんの2種類があります。

都堂 どて栗を食べてみて

大きな栗が丸ごと1個入っているので、おまんじゅうに高さがあるのが特徴的。
どこからかぶりついても栗が出てきます。
それぞれ紹介しますね。

小豆あん

どて栗 あずき

赤い箱に入っているのは黒の小豆あん。
おまんじゅうの上には白ごまがついていています。

中の栗はほくほく。
白あんよりも生地がふわふわとしていて、小さなあんぱんのような感じでした。

白あん

どて栗 しろあん

白い箱に入っているのは白あん。
こちらにはごまはありません。

栗は甘露煮でしっかりとした甘みがあります。
小豆あんに比べて生地も栗もしっとりとしていました。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名都堂 どて栗
内容量6個入り
製造者東寺 都堂
製造者住所京都市南区針小路通大宮東入猪熊町
原材料【白餡】小麦粉、砂糖、卵、水飴、栗、蜂蜜、炭酸、イスハタ、白餡、【黒餡】小麦粉、砂糖、卵、水飴、栗、蜂蜜、炭酸、イスハタ、黒餡
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限7日間
保存方法常温
箱の大きさ横 12cm × 奥行き 18cm × 高さ 4.5cm
名産地京都府
おみやげの種類和菓子
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。