Mini One ミニクロワッサン

ドンクミニクロワッサン外装写真
ドンクミニクロワッサン外装写真ドンクミニクロワッサン開封写真ドンクミニクロワッサン中身写真

Mini One ミニクロワッサンとは

Mini Oneは、神戸で有名なパン屋さん「DONQ(ドンク)」の独自ブランド。

1984年に札幌のドンクで生まれたミニクロワッサンが全国へ広まり、2006年にMini Oneとして確立したのが始まりです。

今回いただいたミニクロワッサンは、神戸在住の人なら「知ってる!」という方も多いのではないでしょうか。

手のひらサイズの小さなクロワッサンで、少し甘みがあるのが特長。
2~3口で食べられるサイズなので、おやつにもぴったりのパンです。

Mini One ミニクロワッサンの価格

はかり売りされているので、自分の好きな量を購入することも可能。

私が購入したもののように、あらかじめ100g(4~5個程度)、200gと決まった量が袋づめされているものもありますよ。

※ちなみに、パッケージに原材料などの記載はありませんでした。

  • 特定原材料:卵・乳・小麦

Mini One ミニクロワッサンの購入場所

今回は、そごう神戸店で購入。そのほかの購入場所は、こちらで確認できます。

Mini One ミニクロワッサンの栄養成分表示

ミニクロワッサンの100gあたりの栄養成分は以下の通り。

  • エネルギー:415kcal
  • たんぱく質:6.0g
  • 脂質:21.5g
  • 炭水化物:49.2g
  • ナトリウム:344mg

Mini One ミニクロワッサンを食べた感想

食べてみると、ふんわりとした食感。中はほとんど甘くありませんが、表面は甘めです。

噛めば噛むほど甘さがじんわりと口の中に広がり、バターの香りがふわっと漂ってきます。

この香ばしいバターが食欲をそそり、1個食べたらもう1個…とついついリピートしたくなるおいしさ。

私は昔からこのミニクロワッサンを食べていますが、お父さんやお母さんが手土産に買って帰ってきてくれた日は、とても喜んでいた思い出があります。

Mini One ミニクロワッサンはこんな人におすすめ

1個のサイズは3~4口で食べられる大きさですし、甘めのパンなので、小さなお子さんにもおすすめ。
朝食や、少しお腹が空いたときのおやつにもぴったりです。

つまみやすいパンなので、会社へ差し入れとして持っていって、みんなとシェアして食べるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名Mini One ミニクロワッサン
内容量100g以内101〜200g
箱の大きさ横 15.0cm × 奥行き 10.0cm × 高さ 22.0cm
名産地兵庫県神戸
おみやげの種類パン
価格帯1,000円以内