マテンロウ 自家製アーモンドバター

マテンロウアーモンドバター外装写真
マテンロウアーモンドバター外装写真マテンロウアーモンドバター開封写真マテンロウアーモンドバター中身写真

マテンロウ 自家製アーモンドバターとは

「自家製アーモンドバター」は、兵庫県姫路市にあるカフェ&ビストロ「マテンロウ」が手がけるバター。

いまや姫路のローカルフードとして有名になったアーモンドバターは、実はこのマテンロウのマスターが生み出したものなんです。

1979年にアメリカ帰りの友人が「アーモンドとバターを混ぜて食べるとおいしいよ」と言われ、何度も試作をかさねてつくられたのが、アーモンドバター誕生のきっかけ。

使用しているのはカリフォルニア産のアーモンドで、商品はすべて手づくりという、こだわりがつまったアーモンドバターです。

自家製アーモンドバターの価格・販売店

自家製アーモンドバターの価格は、以下の通り。

  • 200g入り:750円(税込)
  • 580g入り:1,950円(税込)
  • 800g入り:2,450円(税込)

今回、私はJR姫路駅のピオレ姫路内にあるおみやげ館で購入しましたが、オンラインショップもあるので、遠方の方でもネットで購入可能です。

マテンロウ 自家製アーモンドバターを食べた感想

自家製アーモンドバターの食べ方は、パンに塗ってトースターで2~3分焼くだけなので、とっても簡単。
バターが少し焦げてきたら、ちょうどいい食べごろです。

食べてみると、最初は粒々としたアーモンドの食感がするだけで、甘さはあまり感じられませんでした。
でも、しばらくすると、あとからアーモンドの食感に混じって砂糖の甘みが顔をだしてきます。

食パンとの相性はばっちりで、一度食べたらくせになる味わい。
うちの子どもたちも気に入ったようで、「もう1枚食べたい!」と食パンをおかわりしたほどです。

自家製アーモンドバターはこんな人におすすめ

自家製アーモンドバターは、JR姫路駅のピオレ姫路内で購入できるので、姫路土産として買って帰るのもおすすめです。
特に、お子さんがいるファミリーへのお土産にぴったり。

朝食はパン派という人には、スイーツ系のお土産よりも、こちらのアーモンドバターの方がより実用的かもしれませんね。

とてもおいしかったので、個人的には自宅用にお寄り寄せ商品としてもイチオシです。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名マテンロウ 自家製アーモンドバター
内容量101〜200g
製造者matenro
製造者住所兵庫県姫路市花田町一本松39-1
原材料植物油脂アーモンドグラニュー糖食用精製加工油脂食塩粉乳乳化剤香料着色料(カロテン)、(原材料の一部に乳と大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造より冷蔵庫で2ヶ月
保存方法要冷蔵(10℃以下)
箱の大きさ横 7.0cm × 奥行き 7.0cm × 高さ 8.0cm
名産地兵庫県姫路
販売場所姫路駅
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。