萬々堂通則 もっとの

もっとの 外箱
もっとの 外箱もっとの 開封もっとの 中身

萬々堂通則 もっとのとは

萬々堂通則(まんまんどうみちのり)は、江戸時代後期に創業したという奈良の歴史ある和菓子屋さん。

近鉄奈良駅から商店街を歩いて約10分ほど、趣ある佇まいのお店です。

和菓子の始まりと言われる、遣唐使が中国から伝えたとされる“唐菓子”の一種「餢飳(ぶと)」をアレンジしたぶと饅頭が名物商品です。

今回紹介するのは「もっとの」というお菓子。

漢字では「餅飯殿」と書きます。これは、お店のある街の名前。

名前の由来は「昔、弘法大師空海が吉野の弁財天を興福寺に移して窪の弁財天として祀った時に、この地の民が餅や飯を献上したから」という説があります。(諸説あり)

歴史ある街の名前がそのままお菓子になっていて趣深いですよね。

箱のデザインもレトロモダンで可愛らしく、お菓子を食べた後も使えそうです。

萬々堂通則 もっとのを食べてみて

もっとのは極上の餅粉とキビ粉を練りにねって、黄粉をまぶしたあっさりとしたお菓子。

上品でなめらかな食感を楽しむことができます。

きな粉がまぶしてある、と言ってもたっぷりとこぼれ落ちるほどかかっているわけではありません。

うまく餅生地に溶け込んでいるので、手を汚さずに、またこぼすことなく安心して食べることができます。

もちもちなのにすっとなめらかに溶けていく食感はとても不思議な味わい。

ひとつの包みに2つ入りでしたが、ついついもうひとつ、と手が伸びてしまうおいしさでした。

温かいお茶と一緒にほっこりした時間を過ごすのにぴったりです。

萬々堂通則 もっとのの値段

  • 6個入 1,030円(税抜)
  • 8個入 1,360円(税抜)
  • 12個入 2,000円(税抜)
  • 16個入 2,620円(税抜)

OMIYA!で紹介している萬々堂通則のお菓子一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名萬々堂通則 もっとの
内容量6個入り8個入り12個入り16個入り
製造者萬々堂通則
製造者住所奈良県奈良市橋本町34
原材料砂糖餅粉(国産)水飴きび粉小豆上用粉(国産)きな粉
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約3日間
保存方法高温多湿・直射日光を避ける
箱の大きさ横 12cm × 奥行き 18cm × 高さ 3.5cm
名産地奈良県奈良
おみやげの種類和菓子
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。