満月堂 最中

満月堂最中 外装
満月堂最中 外装満月堂最中 開封写真満月堂最中 中身写真

満月堂の最中について

満月堂は神戸市北区淡河町にある、創業明治15年(1882年)の菓子店。

豊助饅頭が名物として知られていて、淡河町内はもちろんのこと、遠方からのお客さんも多いんですよ。

満月堂には通年のお菓子が数種類あり、今回紹介する最中もそのうちの一つです。

香ばしい最中種(あんを包んでいる最中の生地のこと)のなかに、甘すぎない粒あんが入っています。

満月堂の最中のパッケージについて

今回5個入りを購入したところ、長方形の満月堂のマークが入った箱に入れてもらいました。

満月堂の箱 餅を搗いているうさぎ

お店の方にお聞きしたところ、このマークは「うさぎが餅を搗(つ)いている様子」をモチーフにしているとのことです。

それもあって、「満月堂という店名なのかな?」と思いましたね。

満月堂の最中を手にとった感想

個装を開けると、最中の皮の香ばしいにおいが漂い、鼻をくすぐります。
最中にも、うさぎの餅つきマークが刻まれていてかわいらしい!

▼ちなみに、最中のサイズは直径約6.5センチです。

満月堂の箱と最中

満月堂の最中を食べた感想

食べるのがもったいない・・・と思っていたのですが、すぐに食べちゃいました!

あま~い最中を想像していたのですが、それほどでもなく甘すぎずさらっと食べられます。

中身は粒あんで、口の中に入れたときの小豆の風味が心地よいですね。
緑茶やほうじ茶とも相性がよいと思います。

満月堂のトレードマークが刻まれていて品を感じますので、贈答用としても重宝しそうです!

満月堂の最中の個数・価格・賞味期限

満月堂の最中は以下の個数で販売されています。
いずれも税抜き価格です。

  • 1個:90円
  • 15個(箱入):1,550円
  • 20個(箱入):2,000円
  • 30個(箱入):2,900円

公式サイトによると、販売されているのは1個、15個、20個、30個となっています。

表記ではそのようになっていますが、必要な数だけ箱詰めしてもらえますよ。
わたしが5個入りをお願いしたところ、それに合う箱を準備してくださいました。

用途に合わせて自分で数を決めて購入できるのは助かりますよね。

気になる満月堂の最中の日保ちは4日間です。

カロリーについての記載はありませんでした。

満月堂の最中が買える場所と通販について

満月堂

  • 住所:神戸市北区淡河町淡河754-1
  • 営業時間:8:00~18:30
  • 定休日:水曜日

ちなみに満月堂は通販をしていません。
百貨店へ出店することもありますが、最中の販売はありません。購入したい場合は、満月堂の店舗へ行きましょう。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名満月堂 最中
内容量5個入り
製造者株式会社満月堂
製造者住所神戸市北区淡河町淡河754-1
原材料砂糖、小豆、餅米、水飴、寒天
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限4日間
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存して下さい。
箱の大きさ横 9.4cm × 奥行き 21.8cm × 高さ 4cm
名産地兵庫県神戸
おみやげの種類最中和菓子
価格帯1,000円以内