満月堂 かりんとうまんじゅう

満月堂かりんとうまんじゅう 外装
満月堂かりんとうまんじゅう 外装満月堂かりんとうまんじゅう 開封写真満月堂かりんとうまんじゅう 中身写真

満月堂の「かりんとうまんじゅう」について

餅をついているうさぎがトレンドマークとなっている神戸市淡河の菓子店「満月堂」。

創業明治15年(1882年)以来、ずっと淡河の地で和菓子を作り続けているお店です。

代表銘菓は、極薄皮にこしあんがたっぷり入った豊助饅頭です。

満月堂では豊助饅頭以外にもいろいろな種類の和菓子をつくっていますよ。
そのひとつが「かりんとうまんじゅう」。

米油で揚げた黒糖の饅頭で、カリッとした食感を楽しめます。

小ぶりなサイズで食べやすいので、ちょっとしたおやつにも最適です。

満月堂の「かりんとうまんじゅう」を食べた感想とおすすめの食べ方

個装には餅つきをしているうさぎのマークがデザインされていてかわいらしいですね。

この包みを開けると、こんがり焼けたかりんとうまんじゅうが姿を現しますよ。

茶色のいい焼き色で、食べる前から香ばしさが伝わってきて、食欲をそそります!

ひと口入れてまず感じるのは、カリッとした食感。
購入してからすぐに食べたので、カリカリ感が残っていたのかなと思います。

カリッとした黒糖の風味の生地とこしあんが混ざり合って、コクのある甘さでおいしいです!

わたしにとっては一つではもの足りず、すぐに二つ目に手をつけてしまいました。
こしあんが甘すぎずさらっと食べられますので、ついついたくさん食べてしまいそうです。

小ぶりサイズなので、量をたくさん食べられないという年配の方への手土産にもよいと思います。

トースターで焼くとカリカリ食感が復活!

購入後はカリッとしていますが、時間が経つとともに柔らかくなってきます。

そんなときはトースターで焼いて食べるのがおすすめです。

約2分焼いてその後30秒~1分ぐらい置いてから食べると、カリッとした食感がもどって美味しいですよ。(時間は好みで調整してくださいね)

満月堂の「かりんとうまんじゅう」の価格・賞味期限

満月堂のかりんとうまんじゅうは1個から購入できます。

  • 1個:90円(税抜き価格)

また、用途に合わせて好きな数を箱詰めしてもらえます。

わたしは5個入りをお願いしたところ、簡易の箱に入れて下さいました。

贈り物用として、満月堂のマークが入った箱に入れてもらうこともできますよ。

賞味期限の情報は公式サイトにはありません。
ちなみにわたしが購入したものに関していえば「購入日:2018年5月11日、賞味期限日2018年5月12日」でした。

▼贈り物用の箱

満月堂の箱 餅を搗いているうさぎ

満月堂の「かりんとうまんじゅう」が買える場所と通販について

満月堂

  • 住所:神戸市北区淡河町淡河754-1
  • 営業時間:8:00~18:30
  • 定休日:水曜日

満月堂は通販を行っていませんが、百貨店への出店はあり、かりんとうまんじゅうも販売されることがありますよ。

販売される百貨店・予定日は月によって変わりますので、満月堂公式サイトで確認してから行くのがいいでしょう。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名満月堂 かりんとうまんじゅう
内容量1個入り5個入り
製造者株式会社満月堂
製造者住所神戸市北区淡河町淡河754-1
原材料小麦粉、小豆、黒糖、砂糖、トレハロース、膨張剤、ごま、(米油を使用しています)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限当日中
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存して下さい。
箱の大きさ横 12cm × 奥行き 12cm × 高さ 4.8cm
名産地兵庫県神戸
おみやげの種類かりんとう饅頭和菓子
価格帯1,000円以内