雅風堂 まめ柿

まめ柿 外装
まめ柿 外装まめ柿 開封した写真まめ柿 中身の写真

まめ柿とは?

豆柿という柿をご存知ですか?

中国から持ちこまれたとされる渋柿で、日本でも古くから栽培されています。

柿といえば食べることをイメージするかも知れませんが、豆柿は食用以外に用いられてきたという歴史があります。

豆柿の主な用途は柿渋。

青い未熟な柿の実から作られる柿渋は、漆塗りや製紙業など様々な分野で使われてきました。

豆柿は日本人にとって馴染みの深いものだったんですね。

さて、その豆柿の実はどんなものでしょうか?

きっと想像しているものとは違うはず。

とても小さな柿で大きさはたったの1〜2cmほどしかありません。

私たちがよく目にする大きな柿と比べると、とても柿とは思えないような小さな小さな柿なんです。

生け花にも使われているそうですよ。

今回ご紹介する「まめ柿」は、能登のおいしい柿を使ったお菓子。

漉した干し柿で柚子風味の白餡を包み込んでいます。

その姿は干し柿そっくり。
小さな一口サイズのお菓子は「豆柿」をイメージしています。

商品ラインナップは以下の4つです。

  • 7個入り:908円
  • 12個入り:1,566円
  • 15個入り:1,944円
  • 18個入り:2,333円

まめ柿を食べた感想

丸みを帯びた柔らかな印象を受ける箱。
その箱は柿の実を連想する落ち着いた色合いです。

箱の中には一つずつ丁寧に包まれた小さなお菓子が並んでいます。

そっと包み紙を開けると中から現れたのは、本物の干し柿かと見間違うほどのお菓子です。

干し柿の表面についている白い粉(柿の糖分が結晶化したもの)のようなものもしっかりと再現されているのには驚きました。

干し柿のちょっとくすんだオレンジ色。
表面に浮き出る白い粉。

これは本物の干し柿のようですね。

「まめ柿」の中は白餡がたっぷり。

半分に切ると、まわりの柿色と中の白餡の部分のコントラストがとっても美しいですね。

一口食べた瞬間、口の中に広がるのは柿ではなくて柚子。

柿の味がするものだと思って食べたのですが、まさかの柚子で意表を突かれました。

しかし、柚子はすぐに消えていき、柚子の代わりに現れてくるのが柿。

ねっとりとした干し柿独特の風味と食感が楽しめますよ。

小さいお菓子ですが、ねっとりとした重厚感のある味わいで満足感はとても高いお菓子です。

まめ柿が買える場所

まめ柿は、雅風堂の各店舗オンラインショップ金沢駅などでも購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名雅風堂 まめ柿
内容量7個入り12個入り15個入り18個入り
製造者(株)雅風堂 G
製造者住所石川県白山市布市一丁目239
原材料、白餡(いんげん)、砂糖還元水飴オリゴ糖水飴もち米粉柚子ペースト
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限15日(冬期20日)
保存方法高温多湿をお避け下さい。
箱の大きさ横 12.0(7個入り)cm × 奥行き 12.0(7個入り)cm × 高さ 5.0(7個入り)cm
名産地石川県金沢
販売場所小松空港金沢駅
おみやげの種類和生菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。