ままどおる

評価★★★★★4.6
クチコミ32

ままどおるは福島銘菓

スペイン語で「お乳を飲む子」という意味の「ままどおる」。

「ままどおる」はバターを使用した生地の中に、ミルク味のあんが入った焼き菓子です。

株式会社三万石が製造・販売している代表銘菓の1つで、いまや福島県の定番のお土産として有名ですよ。

お菓子もさることながらパッケージのかわいらしさが、ままどおるを人気モノにしている理由といえるでしょう。

開封すると、世界各国のお母さんと「ままどおる」が描かれていて、これを眺めるだけでも癒されますね。

ままどおる蓋の裏

ままどおるの値段一覧

ままどおるは、5個入~36個入りまで幅広く用意されています。
用途に合わせて購入できて便利ですよ。

  • 5個入(袋入り):540円
  • 10個入(袋入り):1,080円
  • 6個入:680円
  • 8個入:945円
  • 12個入:1,350円
  • 18個入:2,025円
  • 24個入:2,700円
  • 36個入:4,050円

チョコままどおるもあります

*季節限定商品として10月〜5月の期間、チョコままどおるが販売されています。

チョコままどおる 中身

参考:チョコままどおるの記事はこちら

ままどおるを食べた感想

食べるより前にまず箱に惹かれました!絵のタッチがやわらかく、すごく癒されますね。

肝心のお味のほうは、生地と白あんどちらもとてもやわらかく、口の中で軽くとける感じがします。

どこかで食べたことがある懐かしい味、またお母さんが作ってくれるような優しい味ですよ。

子どもからお年寄りまで、だれでも美味しくいただけるお菓子だと思います。福島のお土産として渡せば、きっと喜ばれるでしょう!

ままどおる以外の三万石のお土産だと「エキソンパイ」や「三千里」もおすすめです。

ままどおるの賞味期限・カロリーなどの栄養成分表示

ままどおるの日保ちは製造日より8日となっています。

ままどおる1個あたりのカロリーなどの栄養成分表示は以下の通りです。

  • エネルギー(カロリー):122kcal
  • たんぱく質:2.1g
  • 脂質:3.3g
  • 炭水化物:21.1g
  • ナトリウム:17mg

福島県内のままどおる販売店舗一覧(主な場所)

東北自動車道

  • 安達太良SA
  • 安積PA
  • 国見SA(下り線)

盤越自動車道

  • 阿武隈高原SA
  • 磐梯山SA
  • 五百川PA(上り線)

常磐自動車道

  • 四倉PA(上り線)

東京の百貨店や埼玉のサービスエリアでも購入可能です

ままどおるは、福島県のお土産になりますが、とても人気があるため、東京や埼玉でも買うことができますよ。

東京都でままどおるが購入できる場所は以下の通りです。

埼玉県でままどおるが購入できる場所は以下の通りです。

ままどおるを通販で買う方法

ままどおるは、販売元の三万石が通信販売を行っています。(10,000円以上で送料無料)

電話やFAXでの注文になっていて、支払方法も代引き・コンビニ・銀行振込などの方法でしか買えません。

ネット通販で買いたい場合は、Amazon楽天市場Yahoo!ショッピングから購入するのがおすすめですよ。

それぞれギフト券やポイントなどがあれば、お得に買えますね。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名ままどおる
内容量5個入り6個入り8個入り10個入り12個入り18個入り24個入り36個入り
製造者株式会社 三万石
製造者住所福島県郡山市富久山町福原字神子田7-5
原材料小麦粉砂糖水飴バター膨張剤香料ブドウ糖乳化剤(大豆由来)加糖れん乳乳等を主要原料とする食品寒梅粉着色料(ビタミンB2)白生餡糊料(CMC)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限8日
保存方法直射日光や高温多湿を避け、常温(涼しい場所)に保存してください。
箱の大きさ横 21.5cm × 奥行き 9.5cm × 高さ 2.8cm
名産地福島県
販売場所福島空港仙台空港福島駅郡山駅仙台駅新白河駅阿武隈高原SA安達太良SA安積PA磐梯山SA五百川PA蓮田SA上河内SA笠間PA国見SA三芳PA中郷SA那須高原SA菖蒲PA友部SA四倉PA猪苗代伊勢丹新宿本店日本橋三越本店髙島屋日本橋店高島屋新宿店鶴ヶ城(若松城)
おみやげの種類焼き菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。

ままどおるのクチコミ(32件)

評価★★★★★

ままどおるは、バターを使ってしっとりした柔らかい皮とミルク味のあんの優しい味わいが何とも言えず、老若男女にとても喜ばれるのでおみやげの定番になっています。

日本茶や紅茶、コーヒー、ミルクなどどんな飲み物とも合って美味しくいただけます。

ほどよい甘さなのでおやつに1本頂くだけで満足感があります。

価格がお手頃で購入しやすく、1本ずつ個包装されているため品がいいのでおみやげに選びやすく、手が汚れることがなく食べられるので最適だと思います。

赤ちゃんにもミルク味なので馴染みのある風味で食べやすく喜んでくれました。

店舗では、箱入りだけでなく、少人数用に5本入りの小袋タイプも扱っているのでおみやげとしても渡しやすいので助かっています。

50代/女性
評価★★★★★

妻と結婚前に福島へドライブを兼ねた観光旅行へ行った際、裏磐梯の五色沼を回り終えた直後に突然の豪雨。
逃げ込む様に入った五色沼の駅 裏磐梯物産館で「ままどおる」を初めて買いました。会社の同僚から頼まれていたのです。

それまで「ままどおる」は、沢山の方から福島のお土産としていただいてきました。
外のバターで作られた生地と中のミルク味の甘いあんが、口の中でとろけていく感じに「癒しを感じるお土産」だといつも思っています。

福島への観光旅行に行ったのは4月後半のGW期間中で、秋~春限定の「チョコままどおる」も買うことが出来ました。

40代/男性
評価★★★★★

私にとっては、福島と言えば「ままどおる」というほど、あまりにおいしくて最初に食べたときから虜になっているお菓子です。

なかなか福島に行ける機会がないのですが、ときどきショッピングセンターなどで、物産展をやっていて見かけるとうれしくて、いくつも購入してしまいます。

柔らかくて甘くて、子供も大好きなのですが、隠れて一人で食べたいほどです。
パッケージが可愛いこともあって、見つけるといつも本当にテンションが上がります。

40代/女性
評価★★★★★

福島土産としてよく知られている「ままどおる」。
我が家は高速道路のパーキングエリアで購入することが多いです。

まずパッケージを見ると、優しいタッチでお母さんと赤ちゃんの絵が描かれており、ほっこりとさせられます。

このお菓子はバター風味の薄い生地の中に、ミルクの風味がするあんがたっぷりと入っている焼き菓子です。
食感はとても柔らかく、口に入れるとふわっと溶けるような感じです。
しっかりと甘みがあるので、1つでも十分に食べ応えと満足感がありますよ。
お茶と一緒にいただくのがおすすめですが、日本茶にもコーヒや紅茶にも合うと思います。

5個入りのものから、比較的大きめの箱に入った36個入りの商品までがそろっているので、用途に合わせて数を選べるのも魅力です。

40代/女性
評価★★★★☆

私は福島県に行くと必ずままどおるを親戚や夫の職場に買って帰ります。

このお菓子は柔らかな口あたりの皮の中にぎっしりとミルク味のあんが詰まっていてとても美味しいです。

形が棒状ですから小さなお子様やお仕事中の大人も手に持って食べやすく、ご家族や職場などどんな相手にでも渡せるお菓子になっています。
個包装なので職場でそれぞれのデスクに配るのにも適しています。

また、福島県に住んだことのある人に配れば、ままどおるの歌がきけるかもしれません。
もし声にだして歌い出さなかったとしても、きっと心の中で懐かしいままどおるの歌が流れているはずです。
三万石のCMで長年流れていましたので、福島県の人にとってはお菓子も歌もおなじみなのです。

福島にゆかりのある人にもない人にも満足してもらえるお土産だと思います。

30代/女性
評価★★★★☆

以前会社員をしていた頃、福島出張のお土産として購入したことがあります。
買ってきてほしいと同僚からリクエストがあったのです。

甘すぎずバターの風味が効いていて中のあんはしっとりしていてとても美味しくいただきました。
スティック状なので仕事の合間のおやつとしても食べやすかったです。

私は緑茶に合うと思ったのですが、同僚は牛乳と一緒に食べるが好きだと言っていました。
たしかに、和菓子と洋菓子両方の良さのあるお菓子なので、どんな飲み物のお供にも最適です。

30代/女性
評価★★★★☆

福島に行ったときには必ず買って帰るお菓子です。

ままどおる。

とてもパッケージも可愛らしいのと、様々なサイズがあるので、お土産に持っていく先の人数に合わせて大きさを選ぶことができます。

生地の中に白餡がはいっていて、結構もったときにもどっしりとした感じなのですが、するっと食べることができてしまいます。
そしてどこか懐かしいお菓子という印象がしました。

生地が柔らかいせいか子供もよろこんで食べるので、福島に行ったときには大きめのものをいつも求めています。

40代/女性
評価★★★★★

テレビCMでお馴染みの『ままどおる』黄色い箱と親子のイラストが好印象。

お土産として買っていくだけで話のネタになるかな、くらいの理由で購入。
実際のお菓子もとても美味しかったです。

お菓子の種類としては『お饅頭』に分類されるのかな?でも牛乳を使った甘くて優しい味わい。
くどい甘さではないので万人向けのお土産といえるでしょう。

ひと口サイズなのでおやつやお茶受けにもぴったり。
個人用にもう1つ買っておけばよかったかな。

30代/女性
評価★★★★★

福島に行った時には、ままどおるを必ず買います。
初めて見た時には、とても懐かしい、優しいパッケージで衝撃を受けました。
1つ1つ個装されていて、大人も、子供も食べやすい形と量です。

バターが使われていて、柔らかいしっとりとした皮。
ミルク味の餡がどんな飲み物にも合います。
優しい味です。
形は長方形で、子供にも持ちやすく、職場でも配りやすく、喜ばれると思います。

1つ食べると、口の中にふわっと広がり、優しい餡もしっかりと入っていて、ボリューム感があります。
福島の名品です。

40代/女性
評価★★★★★

福島県のお土産といえばままどおるです。

ミルク味のあんこが包まれた焼き菓子ですが、優しい甘さに癒されます。

コーヒーや紅茶、ココアやミルクなど様々な飲み物との相性が抜群ですので、定番お土産としての安定感があります。

味は東京銘菓のひよこに少し似ていますが、ままどおるのほうがミルクの風味が強く優しく甘い味わいになっています。
包装紙を開けるとミルクの優しい香りが広がります。

福島県の他のお土産が思い当たらずに福島県を訪れた際にはかならずままどおるを購入しています。
お子さんのいらっしゃるおうちに方には大変よろこばれますので購入しています。

最近では新幹線の駅だけでなく車内販売でも購入出来ますのでとても便利です。

50代/女性
評価★★★★☆

福島へ行った際は、よく購入しています。

私の住んでいるところは、福島県が近いので、日帰りでも宿泊でもよく旅行に行ったりします。
その時に、友達や家族、自分で食べるように、ままどおるを購入します。
ですので、ここ茨城県北部のあたりでは、ままどおるはとても有名です。

食べた感じは、有名な銘菓のひよこにそっくりです。

どこかで食べたことのある味なので、その点では珍しさはないですが、その分間違いのないおいしさで、失敗のない選択と言えると思います。

40代/女性
評価★★★★☆

東北の物産展で試食させてもらって美味しかったので購入しました。

ままどおるは福島では有名なお菓子なのだそうです。

食べやすい長細い形になっていて袋入りでお値段もお手頃でした。

やわかいバターを練りこんだ洋風のまんじゅう皮の中にミルクあんが入っているので和と洋の良いとこどりの焼き菓子だと思いました。

とにかく優しい味わいで、甘さもひかえめなのでホッとする美味しさです。

お茶の時間にもぴったりですし、お土産や来客時のおもてなしにも良いと思います。

50代/女性
評価★★★★☆

福島からのお客様のいただき物で食べたり、出張でのお土産で会社の同僚に買っていく機会が多いお菓子です。

中味が牛乳を原料に作られた餡となっていて、外側を小麦とバターで作られた柔らかく繊細な生地で包んでいるお菓子になります。

子供でも一口でも食べられるくらいの大きさで、食感としては口の中に入れた瞬間に外側の生地がホロリと解けて餡と一体になり、香ばしい甘さが口に広がっていきます。

洋菓子のテイストですが、コーヒーや紅茶だけでなく緑茶との相性も良いので老若男女問わずおすすめです。

50代/男性
評価★★★★★

福島県出身の友人が地元に帰ると必ず買ってきてくれるのがこの商品です。

いつ食べても優しい味で、パッケージも変わらず、地元でもない私でも懐かしく感じるお土産です。

コーヒーや紅茶などの飲み物とも合うと思いますが、私は断然牛乳をお供にして食べます。

口の中でホロホロと牛乳と相まって滑らかに変わる瞬間が毎回美味しくて堪りません。

一般的なお饅頭の形とは違うので、食べている時もポロポロとこぼすことなく、綺麗に食べきれる事も良い所です。

30代/女性
評価★★★★★

会社の同僚に実家に帰省するということを伝えたところ、「ままどおる」を買ってきて欲しいと頼まれたことがります。

ちょうど私も、おみやげに「ままどおる」を購入しようと思っていたので驚きました。

福島県の有名な銘菓ですが、他県に住んでいる人も知っているとは思いませんでしたし、他の友人にも「ままどおる」は美味しいのでおみやげにもらえたら嬉しいと言う人もいました。

それほど有名で人気のあるというのが納得できるほど、ミルク味のあんが美味しくて優しい甘さがくせになる味わいです。

40代/女性
評価★★★★★

福島には何度か行ってますが、毎回購入するのが「ままどおる」です。

東日本大震災後に預かっていた被災犬を飼い主さんの元に送り届ける際に訪れたのが最後ですが、それ以降もスーパーやデパートで見かけると買ってしまう大好きなお菓子です。

しっとりした生地とミルクあんが優しい甘さで、子供から大人まで喜ばれる為、自分用と友達用と大量買いした事もあります。

形も少し細長い感じで、子供に持たせて食べさせるにも丁度良いので助かります。
パッケージも優しい感じですよね。

40代/女性
評価★★★★★

「ままどおる」は福島県のお土産として有名です。
昔から福島県民に愛されているお菓子で他県でも知ってる人が多いと聞きました。

甘くてミルク風味の白あんがやわらかい皮で包まれていて本当に美味しいです。

値段も手頃なので大人数へのお土産や複数の家庭や場所へ配る際に良く利用しており、白あんですが和菓子と言うより洋菓子のイメージに近いのでお子様からご年配の方まで幅広く好まれています。

小さい頃はままどおるをお腹いっぱい食べてみたいと言う夢があり、その美味しさをみんなに知ってもらいたくて良くお土産に選んでいました。

40代/女性
評価★★★★★

地元福島県郡山市の昔から知られる有名土産というとままどおるなので福島県外に住んでいる友人に会う際などにはお土産として購入します。

ままどおるは私が子供の時からよく親しんでいるお菓子で、お土産としてだけでなくたまに自分用のお菓子としても食べていました。

何度食べても飽きることがないほど美味しいお菓子です。

もっちりとした厚めの生地にミルク味の黄色いあんがとても良いバランスをかもしだしている独特なお菓子なのですが、似たようなお菓子は私の知る限りではないので、とてもオリジナル性がある福島、郡山のお土産だと思います。

20代/女性
評価★★★★☆

母の実家が福島なので、祖母が買っておいてくれたのがままどおるとの出会いでした。

優しくでほっこりする味わいで、お値段も手頃だったので子供の時、友達にお土産に買って帰ってましたね。
どちらかというとおまんじゅうの部類だと思うのですが、洋風な味わいでもあるので、友達にも好評でした。
私も大好きで、祖母が亡くなって叔父や従兄弟に会いに行く時にはやっぱり買ってしまいます。
優しいまろやかな味に癒やされたくて。

最近食べてないので、購入しようかな。

40代/女性
評価★★★★★

神奈川に就職した友人に会いに行く際に磐梯山サービスエリアで購入して行きました。

福島県民なら、ままどおるは小さい頃、必ずと言っていい程食べるお菓子です。
私自信も近くの親戚等がお盆の時期に買ってくる事が多く、何度も食べた事があります。

今、食べるとどこか懐かしく、小学生くらいの頃の思い出が甦ってきたりします。
実際、友人にお土産を持っていったところ
「懐かしい、実家に帰りたくなった」
と言っていました。

ままどおるのCMの歌には、ミルクたっぷりママの味というフレーズがあります。
直接は言っていませんでしたが、きっとお母さんに会いたくなったのだと思います。

ままどおるには故郷の思い出を甦らせる不思議な力がある、とても美味しいお菓子です。
ぜひ、皆さんに食べてもらいたいと思います。

20代/男性
評価★★★★★

福島の有名なお菓子というと「ままどおる」というほど知名度が高いので、お土産に買って帰るとみんな喜びます。

ミルキーな風味とホッコリとする口当たりが優しい味わいで、子供から大人までおいしくいただけるので、小さいお子さんがいるご家庭へのお土産には特に重宝しています。

チョコ味もありますので、ミルク味とともに半分ずつ買って行きお土産にするととても喜ばれます。

福島土産にままどおるは外せないというほどの定番です。

40代/女性
評価★★★★★

東北道のSAで購入しました。
かわいらしいパッケージでお土産にぴったり。
私も人からいただいてそのおいしさに大ファンになり、見かけると自分でも買うようになりました。

ミルクあんは口に入れるとほろほろとくずれるほどの柔らかさ。
ミルクあんをくるむ外側の生地もしっとりとしてほんのり甘く柔らか。
優しい味の焼き菓子は子供からお年寄りまでみんなに好かれると思います。

コーヒーにも紅茶にも、緑茶にもあうのが嬉しいです。

40代/女性
評価★★★★★

福島県土産といえばままどおるか柏屋の薄皮饅頭!です。
自分用に必ず両方買います。笑

あんこが苦手な方もいるのでお土産にするのはままどおるが多いです。
日持ちもままどおるのほうが若干するとおもうのでやはりこちらを選びます。

ままどおるは甘すぎると言う声もたまに聞きますが。お土産で配ってもほぼ間違いなく喜ばれます。

福島出身の同僚に福島といえば、ままどおるだよ本当に美味しいから!と10年ほど前に言われ、それから意識をして買うようになりました。

30代/女性
評価★★★★★

ままどおるは福島のお土産では人気商品だそうです。

何度かお土産にいただいていて、素朴な味わいが気に入ったのでそれ以来デパートの物産展で見つけるとついつい購入してしまいます。

ほっこり柔らかい饅頭生地の中に黄身あんが入っているだけのsimpleな焼き菓子ですが、なぜかクセになる味わいです。
ミルクの風味がするので子供も大好きです。
牛乳と一緒に食べると絶品だといっています。

ひとつの大きさもちょうど良いので食べやすいです。

40代/女性
評価★★★★★

福島に行ったらお土産には必ずままどおるを購入します。
たまには別の物を買おうかなと思っても、福島というとリクエストされる事もありこちらは外せない品になっています。

パッケージから中身、味と全てパーフェクトに老若男女に好まれるのが魅力です。
バター風味の生地にミルクの味の餡が包まれていて、洋菓子と和菓子がミックスしていながら優しい味にまとまっており気持ちも和むおいしさです。

自分用にも必ず購入しますが、何度もリピートしても飽きないです。

30代/女性
評価★★★★☆

震災の年に福島へ旅行に行き、色々なものを買った中で、家族で食べられて調理の必要がない箱入りのお菓子も買おうということになり、以前から名前を聞いたことのあったこのお菓子を買うことにしました。洋菓子的な系統であるため誰でも食べやすく、お茶まで用意しなくても食べられるようなちょうど良い程度の甘さのため、家に持ち帰って開封したらすぐになくなっていきました。味はちょうどよい甘さで優しい食感と言った感じです。

30代/女性
評価★★★★★

福島出張の際に、同僚から“福島といえばままどおる!とっても美味しいから絶対買って来て!”と頼まれたのがきっかけで知りました。そんなに有名だということを全然知らなかったのですが、食べてみて納得。洋菓子かと思っていたのですが、実は和菓子のような感じ。ほんのり塩みを感じるバター生地に甘過ぎないミルクあんが入っていて、しつこすぎないのにしっかりと食べた感覚を味わえます。口の中で少しずつ溶かしながら食べると、小腹がすいた時は1つでも充分腹持ちいい感じで、オフィスでもありがたいサイズ感です。

30代/女性
評価★★★★☆

ままどおるは東北に行った際は必ず買います。
食べたことある人に渡すと必ず喜ばれる鉄板のお土産です。
とてもシンプルなんですが、しっとりとした食感がコーヒーやお茶に会うのでおやつには持って来いのお土産です。
何より個別包装なので職場などでも配りやすいです。5個入りから36個入まであるので、
5個入りを一人の人に上げたり、36個入を職場のみんなで分けたりと用途によって使い分けもできるので
そういう意味でも助かるお土産です。

30代/男性
評価★★★☆☆

福島の代表的(?)なお菓子です。福島に出張に行った際に、郡山駅の売店で、家族用に購入しました。知っている人は知っているお菓子で、これといった特徴はないのですが、地味に美味しいです。

ミルク味のあんが入ったお饅頭です。

5個入りで400円前後から売っているので、ちょっとだけ買いたい時にちょうどいいなと思いました。

今は、各地のお土産が都内で買えることが多いですが、「ままどおる」は福島県以外で見ることはないので、行くとつい買ってしまうお土産です。

20代/女性
評価★★★★☆

お盆休みに初めて福島県を旅行しました。

お土産情報などもまったく未知でしたので事前に仕事場の福島県出身の同僚に福島で人気のお土産を聞いたところ「ままどおる」とのことでしたので、実際に購入してみました。

商品名からは「マドレーヌ」のような洋風のお菓子を想像しがちですが、実際は和洋折衷(どちらかというと和が強い)なお菓子でした。

バターの香りのする白あんをしっとりとした記事で包んだ美味しいお菓子でした。もちろん同僚も喜んでいました。

40代/女性
評価★★★★★

勤めていたころの福島出張の際のお土産は、三万石の「ままどおる」が定番でした。やさしいミルク味の餡を包みこんだ洋風の焼き菓子です。美味しいのはもちろんですが何度食べても飽きのこない味です。人数の多い職場に勤めていましたので、40から50個購入しなけれがなりませんでした。大きさも値段もとても手ごろで、大きな荷物にならなかったのも大助かりでした。また、有名なお菓子なので福島県内扱っている店が多くとても重宝しました。逆に職場でお土産としていただくことも多かったです。多くの人に愛され、万人受けする福島土産の代表格です。

。/60代/女性
評価★★★★★

私の田舎である福島のお土産で「ままどおる」というお菓子は友だちからもとても人気があり中のアンがしっとりしていて回りの皮と合いブラックコーヒーにピッタリでおいしいです。
どなたにも必ず喜ばれるお土産で自分の家用にもいつも購入しています。
私の子供はあまり甘いものが得意ではないのですが「ままどおる」は喜んで2~3個はすぐに食べてしまいます。
福島県内では駅やICのどこにでも売っておりとても人気の商品だと思います。

ともみん/40代/女性

クチコミを書く

お名前

Email

性別

年代

評価

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください